新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Tesla車でApple製アプリを使用できるようにするRaspberry Piベースの「Tesla Android」

Raspberry Pi公式ブログが、Teslaの電気自動車(EV)搭載タッチスクリーンからApple製アプリへのアクセスを提供する、Raspberry Piベースの「Tesla Android」を紹介した。

iPhoneを車載器と連携させるAppleの独自規格「Apple CarPlay」は、iPhoneのナビアプリや音楽アプリ、ハンズフリー通話などを車載ディスプレイやカーナビのタッチ操作や音声で操作できるようにする。記事執筆時点で600以上の車種がApple CarPlayに対応しているが、Teslaは対応していない。また、Android端末と車載器を連携させる「Android Auto」にもTeslaは未対応だ。

そこでポーランド在住のMichał Gapiński氏は、車載ブラウザをインタラクティブなAndroidタブレットに変換する「Tesla Android」開発に着手した。Tesla Androidを使用すると、マップやミュージックなど、CarPlayに対応したさまざまなApple製のアプリが使用可能になる。

Tesla Android

Tesla Androidを使うと車載ブラウザがRaspberry Piと通信し、CarPlayインターフェースをタッチスクリーンに表示させる。システムは運転中でも動作し、ハンドルにあるボタンでも操作可能であるため、運転中でもハンドルから手を離さずにアプリを使用できる。

Tesla Androidのメイン基盤となる4GB以上のメモリを搭載したRaspberry Pi 4でAndroidを実行し、サブ基板にはRaspberry Pi 3以降のモデルを使用して、動画とネットワーク関係を処理するLinuxを実行する。動画キャプチャーには、東芝製ブリッジチップ「TC358743XBG」を搭載するGeekwormのHDMI to CSI変換アダプターボード「C779」を使用している。

現在の仕様ではRaspberry Piを2台使用しているが、将来的には2台使わなくてもよい構成にする予定だという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  7. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  10. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る