新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Creality、切断/彫刻が可能なレーザーカッター「CR-Laser Falcon 10W」を発売

Crealityは切断/彫刻が可能なレーザーカッター「CR-Laser Falcon 10W」を発売した。

同製品はレーザー圧縮技術によりレーザースポットを0.06×0.06mmに縮小し、スピードアップを図っている。レーザー出力は10Wで、厚さ8~10mmのバスウッドやパインウッドなどの木材、アクリル、プラスチック板やスポンジの切断が可能。ステンレス鋼や石材への彫刻にも対応している。刻印精度は0.01mm、作業エリアは400×415で、オプションのレイズナーを使用することで高さ150mmまで対応可能だ。

モジュール化デザインを採用しているため簡単に組み立てられるほか、モーターには4つの耐摩耗性Vホイールを装備しているため安定した移動が可能だ。また、15度以上の傾斜を検出すると、安全のためレーザー放射を自動停止する機能を搭載している。

ソフトウェアはLightBurn/Laser GRBLに対応。ファイル形式はSVG/PNG/DX/TIF/BMP/PDF/NGに対応しており、NC、BMP、JPG、PNG、DXFなどでの入力が可能だ。

価格は6万7033円(税込)で、楽天およびPergearのウェブショップで販売する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. Raspberry Piと3Dプリンターで自分好みのデジカメを作ろう——レンズ交換式カメラ「PIKON Camera」
  4. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  7. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. 第9回 ラズパイでWindowsとやり取りするにはどうしたらいいですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る