新しいものづくりがわかるメディア

RSS


10Wレーザーでパワフル加工——Creality、レーザーカッター「CR-Laser Falcon」を発表

Crealityは、10Wのレーザーモジュールを搭載したレーザーカッター/彫刻機「CR-Laser Falcon」を発表した。公式サイトでは519ドル(約7万2000円)で販売しており、2022年8月31日まで割引価格で提供する。

photo

CR-Laser Falconは、10Wの高出力レーザーを使い、さまざまな素材をパワフルに加工できるレーザー加工機。進化したLD+FAC+Cレンズ技術を採用することで焦点を0.06mmに圧縮し、鋭く深いカット加工と、クリーンな彫刻加工を施す。

photo
photo

同社が3Dプリンターの開発、製造で培ってきたノウハウを活かし、動作の安定性を高める丈夫な筐体と機構、モーターの精密な制御技術などを採用。0.06mmの高い精度で、12mmのウッドボードのワンパスカットや、ステンレス鋼などの硬い材質への彫刻加工ができる。ワークエリアは400×415mmと大きく、オプションで本体全体を持ち上げるライザーも用意しており、高さ約150mmのギターやスケートボードなどへの彫刻も可能だ。

photo

操作はオンライン/オフラインに対応し、オフライン時にはTFカードでファイルを読み込み、本体のボタン1つでプレビュー、スタート、一時停止、運転ストップの操作が可能。レーザーヘッドカバーやエラーの検知アラート、自動運転停止など、充実した安全機能を搭載する。他にも、ビルドイン水平器や、3ステップの簡単フォーカス、素材の測定や位置決め用のスケールを軸方向に配置するなど、高いユーザビリティも備える。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. Raspberry Piと3Dプリンターで自分好みのデジカメを作ろう——レンズ交換式カメラ「PIKON Camera」
  4. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  7. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. 第9回 ラズパイでWindowsとやり取りするにはどうしたらいいですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る