新しいものづくりがわかるメディア

RSS


10Wレーザーでパワフル加工——Creality、レーザーカッター「CR-Laser Falcon」を発表

Crealityは、10Wのレーザーモジュールを搭載したレーザーカッター/彫刻機「CR-Laser Falcon」を発表した。公式サイトでは519ドル(約7万2000円)で販売しており、2022年8月31日まで割引価格で提供する。

photo

CR-Laser Falconは、10Wの高出力レーザーを使い、さまざまな素材をパワフルに加工できるレーザー加工機。進化したLD+FAC+Cレンズ技術を採用することで焦点を0.06mmに圧縮し、鋭く深いカット加工と、クリーンな彫刻加工を施す。

photo
photo

同社が3Dプリンターの開発、製造で培ってきたノウハウを活かし、動作の安定性を高める丈夫な筐体と機構、モーターの精密な制御技術などを採用。0.06mmの高い精度で、12mmのウッドボードのワンパスカットや、ステンレス鋼などの硬い材質への彫刻加工ができる。ワークエリアは400×415mmと大きく、オプションで本体全体を持ち上げるライザーも用意しており、高さ約150mmのギターやスケートボードなどへの彫刻も可能だ。

photo

操作はオンライン/オフラインに対応し、オフライン時にはTFカードでファイルを読み込み、本体のボタン1つでプレビュー、スタート、一時停止、運転ストップの操作が可能。レーザーヘッドカバーやエラーの検知アラート、自動運転停止など、充実した安全機能を搭載する。他にも、ビルドイン水平器や、3ステップの簡単フォーカス、素材の測定や位置決め用のスケールを軸方向に配置するなど、高いユーザビリティも備える。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  2. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  3. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  4. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  5. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  6. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」
  7. 自転車を30秒で電動化する、E-bikeコンバージョンキット「LIVALL PikaBoost」
  8. ラズパイとAndroidでオシロスコープを——Raspberry Pi Picoオシロスコープ向けアナログ基板「PLU2212-DSO」発売
  9. Simplify3D、3Dプリンター用ソフトウェアの最新版「Simplify3D V5」をリリース
  10. 地球上で最も強靭な「高エントロピー合金」を発見

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る