新しいものづくりがわかるメディア

RSS


IoTブロック「MESH」、通信関連の技術仕様を公開——Pythonなどで制御可能に

ソニーマーケティングは、IoTブロック「MESH」の通信に関する技術仕様を公開した。従来はMESHブロックと連携するMESHアプリを利用してプログラミングする必要があったが、JavascriptやPythonなどのテキストプログラミング言語で制御できるようになる。

MESHは温度センサーや人感センサーなどの機能を有する各ブロックと身近な製品を組み合わせることで、IoTの機能を手軽に導入できるプログラミングツール。「人が通過したらスマートフォンにメッセージを送る」「温度や湿度を計測して自動的に記録をする」といった機能を持たせることができる。

今回公開された技術仕様を活用すれば、MESHブロックと直接連携するモバイルアプリの開発や、MESHブロックのセンサーと連携するデジタルサイネージなどのシステム開発、センサーを活用したプログラミングの習得やプロトタイピングに役立てることができるという。

MESHの通信仕様の詳細は、こちらのページから確認できる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  10. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る