新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Airbus、持続可能な航空燃料のみを使用したヘリコプター飛行に成功

大手航空機メーカーのAirbusは2022年6月22日、持続可能な航空燃料(Sustainable Aviation Fuel:SAF)のみを使用したヘリコプター飛行に世界で初めて成功したと発表した。ヘリコプターは同社の「H225」で、エンジンは仏 Safranの「Makila 2」を搭載している。

Airbusは2021年11月にエンジンの片方でSAFを使用した飛行に成功。今回は両方のエンジンでSAFを使用した。現在、同社の全ヘリコプターはSAFを最大50%混合することが認可されている。2030年までにこれを100%まで引き上げるとし、今後もさまざまなタイプのヘリコプターでテストを継続する考えだ。

航空業界団体であるAir Transport Action Groupのレポート「Waypoint 2050」によると、SAFの使用は航空輸送業界で2050年までに必要なCO2排出削減量の50〜75%を占める可能性がある。Airbus HelicoptersのStefan Thomé副社長は「今回の飛行はヘリコプター業界にとって重要なマイルストーンです。CO2排出量を90%削減するSAF 100%での飛行の認可に向け、私たちの旅は新しいステージに入りました」と述べた。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  10. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る