新しいものづくりがわかるメディア

RSS


点検ロボットによる設備自動化を体験——アフレルとugoが研修を提供へ

AIとロボット技術を軸とした人材育成支援サービスを展開するアフレルと、業務DXロボットの開発を手掛けるugoは、「点検DXロボット×AI自動化導入研修」を2023年1月より提供する。

本研修は、点検DXロボット「ugo」を活用して、設備自動化プロセスを体験できる実践的なアセスメント研修だ。研修では、ロボットの遠隔操作によるデータ収集や遠隔からのAIティーチング、できるところから段階的に自動化するプロセスを体験する。生産現場とクラウド間でのデータ循環を通したシステム最適化を学習可能だ。また点検業務デモンストレーションは、従来のヒト対応とロボット遠隔自動対応を比較しながら体験する内容となっている。

受講対象者は、自動化を想定した生産現場の社員で、所要時間は1日(7時間)。研修内容は、生産現場の自動化について学ぶ講義、ugoの遠隔操作/自動化設定/レポート作成のレクチャー、点検作業のデモ体験だ。研修費用は有償、個別見積もりとなる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  5. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  10. 最速3Dプリンターより10倍速い——スタンフォード大の最新3Dプリント技術「iCLIP」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る