新しいものづくりがわかるメディア

RSS


もう留守中に屋内の観葉植物を枯らさない——Raspberry Pi Pico駆動の自動水やりシステム

Raspberry Pi公式ブログが、Raspberry Pi Picoを活用した自動水やりシステムを紹介している。

開発したのは、以前fabcrossでも紹介した、1970年代の8mmフィルム再生機をYouTube動画再生機に改造するなどしてきたスイスのVEEB Projectsチームだ。

基本的なシステムは、Raspberry Pi Pico、静電容量式土壌水分センサー、リレースイッチ、水槽用ポンプから成る。Raspberry Pi PicoはPythonコードを実行し、鉢植えの土に挿したセンサーで土の水分レベルを常に測定して監視する。

Raspberry Pi Pico plant waterer

センサーの測定値が水やりを必要とするレベルまで低下すると、リレースイッチが作動し、ポンプが水を吸い上げて鉢植えの土に水を一吹きする。その後、再び水分レベルを測定し、十分な水分が土に行き渡ったと判断するレベルになるまで、同様の水やり処理を繰り返す。土に水分が十分供給されると、リレーをオフにして水やりを終了する。

Raspberry Pi Pico plant waterer VEEB Projects/YouTube

この自動水やりシステムは、VEEB Projectsが過去に開発した、設定温度を保つようにヒーターの電源オンオフを切り替えるPID制御システムをベースにしている。その制御システムと同様に、OLEDスクリーンやロータリーエンコーダーを追加すると、水やりの判断に必要なパラメーターを外部から設定することもできる。

ソースコードやRaspberry Pi Picoとの接続についての解説はGitHub上で公開している。また、VEEB Projectsが公開した動画では、鉢植えの植物に対して、7日間、ポンプがオンオフを繰り返しながら給水し、その間、植物がしおれたりしていない様子を確認できる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  5. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  10. 最速3Dプリンターより10倍速い——スタンフォード大の最新3Dプリント技術「iCLIP」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る