新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piを使って温湿度モニターを作ってみよう——リレー搭載で空調のオンオフも可能

Raspberry Pi公式ブログが、Raspberry Pi Picoで動作する温湿度測定制御ユニット「Temperature & Humidity Control Unit」を紹介している。空調機器と接続すれば、家や職場、温室内の温度などをコントロールできる。

このユニットは、Raspberry Pi Picoやデジタル温湿度センサーモジュール「SHTC3」などを搭載したメインボードと、2.4インチカラーTFTディスプレイや設定ボタンを搭載したパネルボードで構成されている。

Temperature & Humidity Control Unit

メインボードにはリレースイッチを2つ搭載しており、パネルボードのボタンでしきい値を設定できるようにした。リレーをクーラーやヒーターに接続すれば、測定温度に応じて機器のオンオフ制御が可能だ。

Temperature & Humidity Control Unit

TFTディスプレイには、温度と湿度のゲージグラフと現在時刻を表示する。環境条件に応じて、ゲージの色は赤/黄/青に変化し、ゲージの下部には測定された温度と湿度の最低値および最高値と、それらの値を記録した時刻を表示する。

Temperature & Humidity Control Unit

測定温度範囲は-40~+125℃で、精度は±0.2℃、測定湿度範囲は0~100%RHで、精度は±2%RHとなっている。入力電圧は7.5~9V、最大消費電流は280mAだ。

製作したHesam Moshiri氏によると、Pico C/C++ SDKライブラリーを使ったGUI設計とコードのデバッグに多くの時間を費やしたという。回路図とPCBの設計には「Altium Designer 22」を使用している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  5. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  10. 最速3Dプリンターより10倍速い——スタンフォード大の最新3Dプリント技術「iCLIP」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る