新しいものづくりがわかるメディア

RSS


郵便物が投函されたらスマホにお知らせ「IoT郵便受けキット」を販売開始

「IoT郵便受けキット」の内容

スイッチサイエンスが、郵便受けへの投函をスマホに知らせるIoTデバイスが製作できる「IoT郵便受けキット」を販売開始した。

IoT郵便受けキットは、郵便受け側に設置する送信側デバイスの傾倒スイッチが、郵便受けのフラップの傾きを感知。Insight SIP製の小型LoRa-BLEコンボモジュール「ISP4520」を使ってその状態変化を受信側デバイスに送信する。受信側では「Raspberry Pi Zero WH」が、ユーザーのスマートフォンにLINE通知で状態変化を知らせるという仕組みだ。

同キットの内容は、送信側にはISP4520アドオンボードと併せ、単四電池2本とリード線付き電池ボックス、GROVEシステム用の傾きセンサーと4ピン-ジャンパメスケーブル(5本セット)が付属する。受信側には、ISP4520アドオンボード、Raspberry Pi Zero WH、ジャンパワイヤー(メス~メス)を備える。利用するにあたり、同キットとは別に、USB給電アダプターやマイクロSDカードなどを用意する必要がある。

IoT郵便受けキットの価格は1万2100円(税込)だ。

「IoT郵便受けキット」のシステム構成 「IoT郵便受けキット」のシステム構成

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  5. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  10. 最速3Dプリンターより10倍速い——スタンフォード大の最新3Dプリント技術「iCLIP」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る