新しいものづくりがわかるメディア

RSS


太陽光で焼印をつける——ハンディ彫刻機「Febo Solar Engraver」

凸レンズで太陽光を1点に集中させて、木、コルク、革などの素材表面に焼印を付ける彫刻機「Febo Solar Engraver」がMakuakeに登場した。

photo

Feboは、虫メガネのように凸レンズで太陽光を集光し、さまざまなものに焼印をつけることができる彫刻器。電源不要で、対象の形や大きさに制限はないとしている。

photo

刻印する素材の表面を傾けFeboを太陽に対して直角に保ち、レンズが太陽光を焦点に集めるようにして使用する。

photo

本体サイズは62×62×62mm、重さ70g。半円形の木製構造のボディは、イタリアから調達した高品質な無垢材から、職人の手によって作られているという。

photo

好きなデザインを描く以外にも利用できるテンプレートは、80×80×1mmの木材パルプ製の厚紙で、5つのカテゴリーで全36種類用意されている。

photo

Feboスターターパックのセット内容は、Febo、ゴーグル、コットンバッグ、テンプレート(アルファベット6枚)、日本語説明書。予定販売価格は9500円だ。

リターンは、Feboスターターパックが30%OFFの6650円(価格は全て税込)で購入できるプランなどが用意されている。Makuakeのプロジェクトの目標金額は30万円。2022年11月24日時点で、約130万円の支援を集めている。商品の発送は2023年3月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  7. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  10. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る