新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」

Raspberry Piと公式のRaspberry Piカメラを一緒に収納できるケース「PiShell 2」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

PiShell 2は、Raspberry Pi 2/3/4Bに対応するケースだ。トップパネルおよびボトムパネルは、各モデル共通。4枚のサイドパネルは、Raspberry Pi 2/3対応またはRaspberry Pi 4B対応のパネルを2種類用意している。必要なパーツを選んで組み立てれば、複数のモデルを使っているユーザーも個別に専用ケースを買うことなくRaspberry Piを収納できる。

PiShell 2

トップパネルには、冷却ファンを取り付けるためのスロットがあるため、ケースが過熱する心配もない。カメラ用スロットも備えており、レンズ部やGPIOピンをふさがない穴開き形状になっている。

PiShell 2

組み立て時もねじなどは不要で、パネル同士をはめ込むだけで組み立てできる。PiShell 2の色は黒または透明で、2色そろえればそれぞれ好きな色を組み合わせることもできる。丈夫なポリカーボネート製で全体を覆っているため、壊れにくい。壁に取り付けて固定カメラとして使うことも可能だ。

PiShell 2

PiShell 2の価格は5ポンド(約840円)。PiShell 2の黒1ケースと透明1ケースにRaspberry Piカメラ、ファン、ヒートシンクをセットにした「All-in-One Kit」も35ポンド(約5800円)で用意している。出荷は2023年2月の予定で、日本への送料は無料だ。

PiShell 2は、2022年12月10日までクラウドファンディングを実施中。2022年11月24日時点で、目標額500ポンド(約8万4000円)の3倍を上回る約1500ポンド(約25万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3色表示可能な電子ペーパーを搭載したArduino互換ボード「Inkplate 2」
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 木製品を製造できる、環境に優しい植物由来の3Dプリンター用インクを開発
  10. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る