新しいものづくりがわかるメディア

RSS


シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場

シャープが1987年に発売したPC「X68000」のリメイク版「X68000 Z LIMITED EDITION EARLY ACCESS KIT」を製作するプロジェクトが、Kibidangoに登場した。

プロジェクトオーナーはARM SoCソリューションプロバイダーの瑞起で、これまで数々のミニレトロゲーム機の開発および製造を手掛けた。

同プロジェクトで製作する「X68000 Z」は、シャープが1987年に発売したPC「X68000」のリメイク版だ。X68000は登場当時、家庭用ホビー機ながら16ビットMPUを搭載し、6万5536色同時発色のグラフィック機能や8重和音ステレオFM音源も実現。シューティングゲームの「グラディウス」のアーケードゲーム版が、ほぼそのままのスペックで家庭で遊べるようになる機器として話題を呼んだ。

X68000 Zの本体サイズは151×64×114mm、重量は約600g。初代のX68000と比較してサイズは2分の1以下、重量は10分の1以下となる。

SoCとして「ZUIKI Z7213 SoC」を採用。筐体背面部にはUART端子、HDMI端子、USB Type-A端子(4つ)、USB Type-C端子(電源用)を備える。なお、初代X68000の背面部にあったRS-232Cコネクターやテレビコントロール端子、ハードディスク接続端子などの位置には当時の接続端子を模したオブジェクトを配置している。ヘッドフォン端子やボリュームつまみの位置については、筐体前面の下部に当時と同じように設置している。

X68000 Zは、「β2版X68000エミュレータ」を搭載。専用SDカードを介して、昔のゲームや自作プログラムなどを利用できるようにしている。そのためのSDカードスロットはかつてFDDドライブがあった位置(筐体前面)に設置した。

なお、X68000が現役であった当時に名作とうたわれたゲームも本製品にバンドルする計画だ。ゲームタイトルについては後日発表するという。

キーボード配置も当時のレイアウトを再現し、新たにCTRLキーを左右に追加している。LEDの位置については、初代と同位置だ。さらに裏面には、X68000とWindowsのキーレイアウトを切り替えるスイッチを備える。マウスには2つのサイドボタンとスクロールホイールを追加し、裏面スイッチでトラックボールに切り替えできる。

X68000 Z LIMITED EDITION EARLY ACCESS KITの価格は4万9500円(税込)。Kibidangoでの予約受付は2022年12月3日19時からスタートし、2023年1月28日まで実施予定だ。リターンの発送は2023年3月を予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さわずか15μm——MIT、超軽量かつ高強度な布製太陽電池を開発
  2. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  3. 人体内で発電するカプセル型微生物燃料電池を開発
  4. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  5. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  6. 第1回 ラズパイってなんですか
  7. 造形速度が5倍速に——「Hyper FFF Raise3D Pro3シリーズ 高速化アップグレードキット」発売
  8. 人間と同レベルでプログラミングができるAI「AlphaCode」、DeepMindが開発
  9. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  10. Formlabs、3Dプリント自動化製品「Form Auto」を2023年4月に出荷開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る