新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表

オランダのLiqcreateが、柔軟性と高弾性を追求した光造形方式3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表した。マテリアルポートフォリオに新たなレジンが加わり、エンジニアリングアプリケーションへの適用範囲を拡大する。

photo

Elastomer-Xは、3Dプリンティング市場でもっともソフトなエラストマーレジンを目指しデザインされており、高い延性と引裂強度、ショア硬さA43といった特性を有する。TPUやシリコンと同等の柔軟性を備え、格子状のフォームやロボットのアームエンドツーリング(EOAT)、グロメット、ベローズといったエンジニアリングパーツの造形に適している。

photo

Elastomer-Xは同社の製品ラインアップでもっともソフトであると同時に、引裂強度10~12kN/mの強い引裂き抵抗を有する。そのためTPUやシリコンの代替材料として、広範なアプリケーションに適用できる。色は透明だが、市販のレジン着色剤でカラーリングが可能だ。

SLAやDLP、MSLAの光造形方式3Dプリンターで使用でき、385~420nmの範囲の波長で硬化する。Shining3Dの「Accufab-L4K」や、Phrozen、Anycubic、Elegoo、Creality製モデルなど、多くの光造形3Dプリンターに対応する。引張強度は1.5MPa、破断伸びは140~180%、吸水率は1.5%となっているが、3Dプリンターやポストキュア装置の機種やプロセスで差が生じる。公式サイトでの販売価格は、1kgが129.95ユーロ(約1万9000円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さわずか15μm——MIT、超軽量かつ高強度な布製太陽電池を開発
  2. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  3. 人体内で発電するカプセル型微生物燃料電池を開発
  4. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  5. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  6. 第1回 ラズパイってなんですか
  7. 造形速度が5倍速に——「Hyper FFF Raise3D Pro3シリーズ 高速化アップグレードキット」発売
  8. 人間と同レベルでプログラミングができるAI「AlphaCode」、DeepMindが開発
  9. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  10. Formlabs、3Dプリント自動化製品「Form Auto」を2023年4月に出荷開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る