新しいものづくりがわかるメディア

RSS


オンライン教材ポータルpicture academy、新教材「AutoML実践」の早期アクセスをスタート

pictureが運営するオンライン教材ポータル「picture academy」は、新教材「AutoML実践」の早期アクセスをスタートした。

AutoMLとはAutomated Machine Learningの略で、自動化された機械学習を意味する。同教材は総務省が公開している外観検査に関するAI導入ガイドブックを参考に、AIを利用した外観検査プロトタイプの作り方にフォーカスしている。学習者はコストを抑えながら、プロトタイプ作りを通してAIの学習ができるという。

早期アクセスに参加すると、開発中の教材原稿をいち早く閲覧できる。同教材の内容は、「収集したデータのアノテーション方法」「AutoMLを用いた機械学習モデルの自作」「カメラ映像に対する物体検出の実行方法」「物体検出モデルの精度を改善する方法」の4つ。教材は6章からなり、制作が完了した章から順に公開される。

定価は1万8000円(税込)で、2023年1月31日までの早期アクセス期間中は73%OFFの4800円(税込)となる。同教材にハードウェアは付属しておらず、Raspberry Pi本体やmicroSDカード、ディスプレイ、キーボード、マウス、USB Webカメラなどは別途購入する必要がある。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  2. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  3. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  4. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  5. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  6. 1200万画素の「Raspberry Pi カメラモジュール V3」、国内で販売開始
  7. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  8. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る