新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ラズパイPico Wで動く電子ペーパー基板「EnkPi」

Raspberry Pi Pico Wで動く電子ペーパーボード「EnkPi」がKickstarterに登場し、人気を集めている。オープンソースプロジェクトとなっており、キャンペーン終了後に基板ファイルやソフトウェアを公開する。

photo

EnkPiは、Raspberry Pi Pico WとE-Inkディスプレイを搭載した電子ペーパーデバイスだ。高解像度かつ低消費電力で、紙とインクと同等の視認性とデジタルデータの携行性を両立する。

photo

ディスプレイサイズは、2.9インチ(解像度:296×128)、4.2インチ(同:400×300)、5.83インチ(同:648×480)、7.5インチ(同:800×480)の4サイズ。黒、白、赤の3色表示、パーシャルリフレッシュに対応し、170度の広視野角と高いコントラスト比で昼間でも画面は見やすい。電子ペーパーなので画面表示の保持には電力は必要とせず、数日経過すると徐々に消えていく。

photo

他にも、プログラマブルボタン×6、FPCコネクター、デュアルUSB(microUSB/Type C)、オンボードRTC、コインセルスロット、オンオフボタン、microSDスロット、バッテリーコネクター、ブザー、JSTコネクターなどを搭載する。2台以上のEnkPiを、UART/I2C通信でつなげることもできる。

photo

EnkPiの価格は、2.9インチが40ポンド(約6400円)、4.2インチが60ポンド(約9600円)、5.83インチが75ポンド(約1万2000円)、7.5インチが80ポンド(約1万3000円)。出荷は2023年3月を予定しており、日本への送料は18ポンド(約2900円)だ。2023年1月1日までクラウドファンディングを実施し、2022年12月23日時点で目標額の500ポンド(約8万円)を上回る約7600ポンド(約120万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  2. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  3. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  4. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  5. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  6. 1200万画素の「Raspberry Pi カメラモジュール V3」、国内で販売開始
  7. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  8. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る