新しいものづくりがわかるメディア

RSS


2種類のレーザーを搭載——多様な材質に対応するレーザー加工機「LaserPecker 4」

デュアルレーザーを搭載するレーザーカッター「LaserPecker 4」がKickstarterに登場し、3億円を超える支援を集める大ヒットとなっている。

photo

LaserPecker 4は、波長1064nm出力2Wのファイバーレーザーと、波長450nm出力10Wのダイオードレーザーを搭載するレーザーカッターだ。タッチスクリーンをスワイプすれば瞬時にレーザーの切り替えができ、多様な材質への高精細な彫刻とカット加工ができる。

photo

ファイバーレーザーはメタルやプラスチックの彫刻に、ダイオードレーザーはウッドやレザー、ガラスの彫刻とカットに適している。加工スピードは2000mm/sと高速ながら、3μmの高精度な加工が可能。カットでは5mmのアクリルと8mmのウッドを切断可能で、彫刻は粒度0.01mmで8K解像度の高精細な描写ができる。

photo

本体サイズは241×82.1×139.7mmで、最大加工サイズは160×120mm。オプションのスライドエクステンションを使えば、加工サイズ160×300mmまで対応する。オプションのロータリーエクステンションを使えば、円錐形や球体、円筒形、リング形状の内/外側への加工も可能になる。

photo

ソフトウェアは、マルチレイヤー編集や彫刻変数設定、マルチフォーマットイメージインポート機能を搭載した「LaserPecker App」と「LaserPecker PC」、有料の「LightBurn」に対応する。ファイル形式はGコード、JPG、PNG、BMP、SVG、DWG、DXFなどに、接続はBluetooth 5.0とUSBに対応する。

photo

LaserPecker 4は、今なら数量限定の早割価格1万340香港ドル(約17万円)で入手できる。電動サポートトラック、保護シールド、電源アダプター、ゴーグル、USB Type-Cケーブルが付属する。2023年3月の出荷を予定しており、日本への送料は59ドル(約7600円)になる。

photo

LaserPecker 4は、2023年2月13日までクラウドファンディングを実施中。1月17日時点で、38万8708香港ドル(約640万円)の目標額を大きく上回る約2400万香港ドル(約3億9500万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  2. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  3. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  4. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  5. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  6. 1200万画素の「Raspberry Pi カメラモジュール V3」、国内で販売開始
  7. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  8. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る