新しいものづくりがわかるメディア

RSS


micro:bitでモーターを制御——ロボット工作向けオールインワンボード「micro:bit用 Robotics Board」

micro:bitでDCモーター×4、サーボモーター×8を駆動できるコンパクトな制御ボード「micro:bit用 Robotics Board」が登場した。

photo

同ボードは、HブリッジモータードライバIC(各標準モーター2個またはステッピングモーター1個を駆動可能)を2個、サーボ出力を8つ備えたmicro:bit用オールインワン拡張基板。16チャンネルドライバICを経由してmicro:bit からI2Cプロトコルで制御できる。

リンクヘッダには、micro:bitで使用可能な全ピンがブレークアウトされており、2.54 mmピッチのピンヘッダを装着可能。利用できるI/Oピン17本には、センサーなどの入力デバイスや、RGB制御できるZIP LEDなどの出力デバイスを接続できる。ピン19と20にはI2Cが引き出されているので、I2C互換デバイスの追加も可能だ。

photo

電源は、ターミナルブロックかサーボコネクターから給電でき、基板上にON/OFFスイッチが実装されている。電源は3.3 Vレギュレーター経由で、micro:bitの3 VとGNDに接続。リンクヘッダにも引き出されているので、外部デバイスからも給電可能だ。

本体サイズは68×46.5×10.6mm。価格は2805円(税込)で、スイッチサイエンスのオンラインショップで発売中だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さわずか15μm——MIT、超軽量かつ高強度な布製太陽電池を開発
  2. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  3. 人体内で発電するカプセル型微生物燃料電池を開発
  4. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  5. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  6. 第1回 ラズパイってなんですか
  7. 造形速度が5倍速に——「Hyper FFF Raise3D Pro3シリーズ 高速化アップグレードキット」発売
  8. 人間と同レベルでプログラミングができるAI「AlphaCode」、DeepMindが開発
  9. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  10. Formlabs、3Dプリント自動化製品「Form Auto」を2023年4月に出荷開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る