新しいものづくりがわかるメディア

RSS


SOLIDWORKS WORLD 2016レポート

教育機関やスタートアップの支援、子ども向けアプリ提供——ソリッドワークスが注力する次世代エンジニア教育

エンジニアへの興味を持たせるには10歳では遅い

——基調講演でデモンストレーションした、子ども向けものづくりアプリSOLIDWORKS Apps for Kidsはなかなか面白いと感じました。ただ、ミドルレンジ3D CADであるSOLIDWORKSとの間にギャップがあるように感じたのですが、それを埋めるようなものはお考えでしょうか。

SOLIDWORKS Apps for Kidsは、子どもたちがデザインやアート、ものづくりなどに興味を持ち、実際に試せるよう作られたWebベースのアプリ。ビデオや写真をキャプチャする「Capture It」、3Dモデリングする「Shape It」、色を付ける「Style It」、動く構造を作れる「Mech It」、プレゼンする「Show It」、3D/2Dプリントする「Print It」という6つのアプリからなる。 SOLIDWORKS Apps for Kidsは、子どもたちがデザインやアート、ものづくりなどに興味を持ち、実際に試せるよう作られたWebベースのアプリ。ビデオや写真をキャプチャする「Capture It」、3Dモデリングする「Shape It」、色を付ける「Style It」、動く構造を作れる「Mech It」、プレゼンする「Show It」、3D/2Dプリントする「Print It」という6つのアプリからなる。

Apps for Kidsは4~12歳向けとして開発しています。SOLIDWORKSは10歳くらいの子どもならばもう十分使えます。そのため間を埋めるようなソフトは考えていません。

残念ながら日本では文部科学省の学習指導要領で、3D設計は高校レベルで教えるよう決められているために、中学生以下ではなかなか学ぶ機会がないのです。実際の所、アイルランドやフランス、米国では10歳くらいの子どもが3Dモデルのコンポーネントを作るような教育を受けています。実はある調査によると、設計、芸術、エンジニアリングというようなコンセプトを子どもたちに教えようと思ったら、10歳になってからでは遅く、10歳から教えても子どもたちはエンジニアという職業をなかなか選ばないという結果が出ているのです。 

Shape It(左)とMech It(右)。Webブラウザ上で動くので、タブレットを使えば指先で操作できる。 Shape It(左)とMech It(右)。Webブラウザ上で動くので、タブレットを使えば指先で操作できる。

——エンジニアを目指すきっかけになることを狙っているわけですね。Apps for Kidsのリリース時期や価格は。

3月にベータ版をリリースし、その後5月までに2つのアプリを正式リリースしたいと思っています。ユーザーや子どもたちからのフィードバックによって変わるかもしれません。それから価格ですが、まだはっきりとは決めていません。すべてWebベースで提供するアプリのため、大規模なクラウドシステムが必要です。ただ、有料になるとしても安価なものにしたいと考えています。 

——基調講演では、スタートアップ向けにSOLIDWORKSを提供する支援プログラム「SOLIDWORKS for Entrepreneur」を2015年7月にスタートしたとありましたが、日本での予定はありますか。

米国やヨーロッパの一部の国で始めたSOLIDWORKS for Entrepreneurプログラムには、半年ほどで100あまりのスタートアップが参加しました。日本からも英語ベースであれば応募は可能です。いまソリッドワークス・ジャパンと、日本できちんとこのプログラムを始めるためにどうすればよいか詳細を詰めているところです。近い将来ぜひスタートしたいと思っています。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  2. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  3. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  4. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  5. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  6. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!
  9. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」
  10. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る