新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ものづくりラボ短期集中連載

3Dプリンタを改造しよう!——滑らかに送り出せるフィラメントリールホルダー

「もっときれいにプリントする」、「もっと愛着がわく3Dプリンタにする」、「もっと3Dプリンタのことを理解する」の3つが目標の短期集中連載、3Dプリンタを改造しよう!の第2弾。
今回改造するのは、「滑らかに材料を送り出せるフィラメントリールホルダー」と、「振動を吸収する下駄」の2パーツです。

フィラメントリールホルダーとは?

FFF(熱溶融積層)方式の3Dプリンタでは、一般的に材料のフィラメントは、リールという円柱状のものに巻かれています。

3Dプリンタはフィラメントを少しずつ出してプリントするのですが、その際、リールから、フィラメントを少しずつ引っ張らなければなりません。

そこで、リールが回るのに抵抗があると、フィラメントを引っ張る力が足りなくなり、うまくプリントできなくなってしまいます。

そこで、フィラメントリールホルダーをつけ、リールがスムーズに回るようにして、フィラメントをスムーズにヘッドから押し出せるようにします。

では、改造していきましょう。

フィラメントリールホルダーは、こちらを参考に作っていきます。ここにあるデータはいろいろなサイズがあり、さらに拡大縮小してプリントすればさまざまなリールに対応でき、汎用性が高いです。

まず、フィラメントリールホルダーを作る際に必要な部品はこれです。 

写真左上から、

  • ベアリング(608)×2
  • ナット(M8)×1
  • ボルト(M8×45mm)×1
  • ワッシャー(M8)×1
  • 3Dプリントパーツ×3

まずは、3つのパーツをABSでプリントします。

リールが入るパーツは、使用するリールの穴のサイズと横幅によって、データを調整しましょう。

フィラメントリールホルダーは、熱くなることはないのでPLAでも大丈夫ですが、より強度があるABSの方がよいでしょう。

では、このパーツに、2つのベアリングを取り付けます。 

あっ!!

ベアリングのサイズぴったりのデータでプリントしたので、ベアリングが穴に入りませんでした……。

穴の内側をヤスリで削ります。 

入った!!

逆側からもベアリングを穴に入れます。

表裏の穴にベアリングを入れたら、そこにボルトを通します。

そして通したボルトにもう一つのパーツを通します。

通したパーツの中でボルトを締めます。

最後に、3つ目のパーツに、上で組み立てたパーツをネジ留めします。

では次に、元々BS01+についている、フィラメントのリールをかけておく金属棒の根元を留めている、4本のボルトを外します。

そして金属棒も緩めて外し、4つのネジ穴にフィラメントリールホルダーを合わせ、中からボルトを入れ、ナットで留めます。

そして、フィラメントのリールをホルダーに入れれば完成です。

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  7. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  10. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る