新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ものづくりラボ短期集中連載

3Dプリンタを改造しよう!——滑らかに送り出せるフィラメントリールホルダー

「もっときれいにプリントする」、「もっと愛着がわく3Dプリンタにする」、「もっと3Dプリンタのことを理解する」の3つが目標の短期集中連載、3Dプリンタを改造しよう!の第2弾。
今回改造するのは、「滑らかに材料を送り出せるフィラメントリールホルダー」と、「振動を吸収する下駄」の2パーツです。

フィラメントリールホルダーとは?

FFF(熱溶融積層)方式の3Dプリンタでは、一般的に材料のフィラメントは、リールという円柱状のものに巻かれています。

3Dプリンタはフィラメントを少しずつ出してプリントするのですが、その際、リールから、フィラメントを少しずつ引っ張らなければなりません。

そこで、リールが回るのに抵抗があると、フィラメントを引っ張る力が足りなくなり、うまくプリントできなくなってしまいます。

そこで、フィラメントリールホルダーをつけ、リールがスムーズに回るようにして、フィラメントをスムーズにヘッドから押し出せるようにします。

では、改造していきましょう。

フィラメントリールホルダーは、こちらを参考に作っていきます。ここにあるデータはいろいろなサイズがあり、さらに拡大縮小してプリントすればさまざまなリールに対応でき、汎用性が高いです。

まず、フィラメントリールホルダーを作る際に必要な部品はこれです。 

写真左上から、

  • ベアリング(608)×2
  • ナット(M8)×1
  • ボルト(M8×45mm)×1
  • ワッシャー(M8)×1
  • 3Dプリントパーツ×3

まずは、3つのパーツをABSでプリントします。

リールが入るパーツは、使用するリールの穴のサイズと横幅によって、データを調整しましょう。

フィラメントリールホルダーは、熱くなることはないのでPLAでも大丈夫ですが、より強度があるABSの方がよいでしょう。

では、このパーツに、2つのベアリングを取り付けます。 

あっ!!

ベアリングのサイズぴったりのデータでプリントしたので、ベアリングが穴に入りませんでした……。

穴の内側をヤスリで削ります。 

入った!!

逆側からもベアリングを穴に入れます。

表裏の穴にベアリングを入れたら、そこにボルトを通します。

そして通したボルトにもう一つのパーツを通します。

通したパーツの中でボルトを締めます。

最後に、3つ目のパーツに、上で組み立てたパーツをネジ留めします。

では次に、元々BS01+についている、フィラメントのリールをかけておく金属棒の根元を留めている、4本のボルトを外します。

そして金属棒も緩めて外し、4つのネジ穴にフィラメントリールホルダーを合わせ、中からボルトを入れ、ナットで留めます。

そして、フィラメントのリールをホルダーに入れれば完成です。

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1980年代に高校通信教育講座受講者に無償配布された専用ラジカセ「NEC FM SUB/FM AM RADIO CASSETTE TAPE RECORDER RM-380(非売品)」
  2. より良いサーフボードのデザインで地球を救いたいと一企業が考えた理由
  3. 好みの3Dプリンター自作に——デスクトップ3Dプリンター用フレーム「Easy Frame」
  4. 光造形方式3Dプリンター「SparkMaker FHD」、CAMPFIREにてクラウドファンディングを開始
  5. ナット挿入や穴開けもできる3Dプリント造形物用仕上げツール「Modifi3D PRO」
  6. 飛騨高山産の木材で作った木製ヘッドフォン「ヒダノオト」
  7. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  8. PCB一体型アンテナ搭載——小型BLEモジュール「NINA-B306/316」
  9. クラレ、水溶性のMOWIFLEXを使った3Dプリンター用サポートフィラメントを発表
  10. 円筒状の表面にレーザー刻印できる——レーザー加工機用ロータリーアタッチメント「PiBurn」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る