新しいものづくりがわかるメディア

RSS


自作ゲームのススメ by TMCN

おもちゃは捨てるな!改造してリサイクルしろ! Kinectとプラレールで作る「プラレース」

センサ&デバイスに関するオープンなエンジニアリングコミュニティ「TMCN(Tokyo MotionControl Network)」とfabcrossのコラボによる「子ども×センサ」をテーマにした遊べるデバイス作り。

  • ゲームは買わずに自作する
  • 自作することでものづくりを学ぶ
  • 安価にできる

というコンセプトに基づき今回登場するのは、センサを使って列車を走らせるゲーム、その名も「プラレース」だ。……はい、プラレールではなくプラレース。放っておいても自走する、王道おもちゃとして既に確立されたプラレールをあえてカスタムし、レースの醍醐味を持たせた。

ゲームの詳細と、制作者である初音玲さんが語る開発の経緯を紹介しよう。

プラレースで遊ぶ様子。真剣に腕を振らないと前に進まないので、大人だろうが真剣勝負せざるをえない。

腕を大きく振り上げ走る2人のプレイヤーと、2つの車両が走るプラレール。日曜日のスポーツジムと子供部屋がまちがって一緒に映りこんだかのようなこの画こそが、プラレースの全貌だ。

プレイヤーは1~2人。Kinectの前に並び、スタートサインでダッシュを開始すると、同時に列車もスタート。プレイヤーそれぞれが列車とリンクし、走る様子が列車のスピードに反映され、レール上で2両が競争して勝敗が決まる。プレイヤーの前にはPCがあり、プレイ中は自分の走る姿が映し出され、終わるとタイムと瞬間最高値が表示されるという流れ。 

プラレースの全貌。どこにでも持ち運びしやすいのも特徴だ プラレースの全貌。どこにでも持ち運びしやすいのも特徴だ

特徴は、単に速く激しく走ればタイムが上がるというわけではなく、走るフォームの正確さが大きく作用するということ。

肘の角度(直角がベスト)、腕の振り幅(大きいほうがベター)、左右のリズムをKinectが検出。プラス、補足的に膝の上がり方もチェック。つまり、より正しくより美しいフォームで走れば走るほど、レールを走る列車のスピードがUPしタイムが上がるという、Kinect本来の機能を有効活用したゲームだ。 

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ビルを巨大な電池に変える——再生可能エネルギーを蓄えるセメントベースのバッテリーを開発
  2. Raspberry Piで画像認識AIを作る——機械学習開発キット「Microsoft Machine Learning Kit for Lobe」
  3. Raspberry PiでLEDを自動監視——TOKAIコミュニケーションズ「LED 監視自動化サービス」提供開始
  4. エネルギー損失なく海水から飲料水を生成できる蒸発装置が登場——水資源に恵まれない地域の水問題を解決
  5. 造形速度毎秒250mm——サンステラ、FFF方式3Dプリンター「Creality 3D Ender-7」発売
  6. スイッチサイエンス、冷却効果に優れる「Raspberry Pi 4用 デュアルファン アルミケース」を発売
  7. Markforged、新型3Dプリンター「FX20」の発表を予告
  8. 3Dプリンターと大判プリンターでオリジナルのテントをつくる
  9. お手頃価格なのに業務用レベルの3Dスキャナー「Sense Pro+」が登場
  10. スイッチサイエンスが「Pico Explorer Base」などRaspberry Pi Pico関連3製品を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る