新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「大量生産成功祈願!」ものづくりに役立ちそうなお守りを自分で作ってみる

生きていると神にもすがりたい瞬間がいくつかある。受験、就活、安産といった人生のビッグイベント系から、交通安全、健康祈願、商売繁盛といった日常的なものまで、人間の数だけさまざまな願いごとがある。

そして、普段の暮らしを振り返ると神頼みグッズやイベントに囲まれていることに気付く。神棚のあるお店やオフィス、タクシーに貼られた交通安全祈願のステッカー、カバンにくくりつけられたお守り、お正月の初詣は言わずもがな、一軒家を建てる前の地鎮祭など枚挙にいとまがない。

そういえば、ものづくりにちなんだお願い事をする場合、どうしたらいいのだろうか。ネット通販で買ったパーツが不良品だったといったものから、量産をしてくれる会社が見つからないし、元手になるお金も必要だが良い資金調達先が見つからないといった重い悩みまで、取材で聞く機会は多いが願掛けになるものは何も無さそうだ。インタビュー先の人がお守りをつけている状況に遭遇したことがない。

ということで、「無いなら作るしかない」というDIY精神と、大きなおせっかいでお守りを作ってみることにした。

ものづくりを分かっている人に作ってほしい

いきなり、さっき言ったことから大きく矛盾するが、筆者自身はハードウェアスタートアップでもなければ製造業に従事しているわけでもないし、趣味で工作をしているわけでもない。
そんな私がお守りを作るなんて、ご利益がないにも程がある。ということで、普段からものづくり業界にいるデザイナーに気持ちを込めて、お守りをデザインしてもらうことにした。

小野さんの本業はデザイナー。個人活動でも3Dを駆使した作品を発表している。

無茶振りともいえるお願いに協力してくれたのは、以前にインタビュー取材した小野正晴さん 。メールで相談したところ、二つ返事で引き受けてくれた。お守りをデザインすることになるなんて、前日までは想像もしてなかっただろう。
調べてみると最近はステッカータイプのお守りも数多く出ていて、車やPCなど自分が普段使うものや願掛けしたいものに貼っておくタイプのお守りが売れているらしい。ということで、ステッカーとして使うことを前提にデザインをお願いした。

ということでデザイン完成

依頼してから、しばらくしてステッカーのデザインが届いた。基板風デザインがものづくり系っぽいぞ。

(左)——初期不良除け
買ったパーツや機材が初期不良だったというトラブルから、納品された量産品が初期不良だらけで出荷できないといった問題まで幅広くカバー。ちなみに「初期良品」の下にある父奉黒煤は「ファブクロス」と読む。

(右)——大量生産成功祈願
量産してくれる工場との良縁やトラブル回避など、滞りなく量産を終えて出荷できることを祈願するためのお守り。ハードウェアスタートアップの人は今すぐ貼ってほしいお守りだ。

(左)——資金調達成功祈願
ものづくりには何といってもお金が必要だ。ベンチャーキャピタルや金融機関などの良縁からクラウドファンディング成功祈願まで、とにかくお金を集めたい人向けのお守りだ

(右)——社内承認成功祈願
これはデザインを担当した小野さんのアイデア。社内Makerや社内スタートアップの事業案を通すためのお守りだ。会社のPCに貼ったらご利益が出るだろう。

ネットで入稿したらお守りが届いた。 ネットで入稿したらお守りが届いた。
自分の仕事用PCに貼ってみた。 自分の仕事用PCに貼ってみた。

さっそくステッカーを印刷してくれる会社にプリントしてもらう。
うん、イメージした通りだ、これでばっちりだろうと思ったが、果たしてご利益は本当にあるんだろうか。前述のとおり信心が薄いわりに神頼みはずうずうしくやる人間と、その人間から頼まれたデザイナーによるお守りだぞ。
ここは、その方面でちゃんとした人にお願いしたほうがいいんじゃないだろうか。

生産機能を持たないメーカー企業を指す「ファブレスメーカー」という言葉があるが、ものづくりにおいて、その道のプロに頼むということは品質を担保する上で重要な戦略だ。
今回の場合、お守りに無くてはならない「ご利益」を実装すべく、神社でおはらいを受けることにした。

とりあえず自腹を切っておはらいを受けます。 とりあえず自腹を切っておはらいを受けます。

おはらいの様子は残念ながら撮影NGとのことだったので掲載できないが、データの入ったPCも一緒におはらいを受けたので、シールを量産してもきっとご利益はあるだろう。

おはらい後に御札やお神酒を頂きました。 おはらい後に御札やお神酒を頂きました。

イベントで配ります

MacBookに貼ってみたら、けっこうえげつない雰囲気になった。 MacBookに貼ってみたら、けっこうえげつない雰囲気になった。

ということで自腹を切って作ったお守りだけど、使ってもらわないことには意味が無いので、イベント等にfabcrossが出展したり登壇したりする際には何かしらの形で配りたいと思います。

ひとまず4月21日にデイリーポータルZが主催する、Webメディアの中の人による展示・即売会「Webメディアびっくりセール」には出す予定なので、よかったらブースにお越しください。それ以外にもイベントがあれば持って行きます。

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 子ども専用Linuxマシン——誠文堂新光社、Raspberry Pi 3B+ベースのPC「ジブン専用パソコンキット2」発売
  2. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向けpHATサイズ拡張基板「ゼロワン」第4弾4製品を発売へ
  3. Arduino NANOサイズにArm Cortex Mコアを搭載——ワンボードマイコン「SuperNanoシリーズ」
  4. Raspberry Piとシリアル通信を使用した計測/制御が可能——シリアル拡張ボード「RPi-GP60」
  5. 実食! 3Dプリンターで飴細工を出力してみた——砂糖が素材のフードプリンターが生まれるまで
  6. ラジオの基礎を学ぼう——CQ出版、1球式無線受信機キット「RR-49」発売
  7. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  8. 大人も子どもも、おじいさんも 3Dプリンターが紡ぐコミュニティ——「FAB 3D CONTEST 2018」最終審査&授賞式レポート
  9. 陶土で造形できるデルタ型セラミック3Dプリンター「CERAMBOT」
  10. 新技術ADAM方式を採用——3D Printing、金属3Dプリンター「Metal X」の国内出荷を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る