新しいものづくりがわかるメディア

RSS


コーヒーメーカーのように簡単に自家製ビールができる全自動ビール醸造器に1週間で30万ドル

米国のPicoBrewチームが開発した全自動ビール醸造器「PicoBrew Zymatic」が注目を集めている。Kickstarterで、資金募集開始後1週間で目標額の2倍を超える30万ドルを調達している。

PicoBrew Zymaticのもっとも特徴的な点は、専用のソフトウェアを使いビールのレシピを作成できること。これで好みのビールが簡単に醸造できる。レシピ作成後、樽に水を入れホースを取り付け、原材料の麦とホップをセットする。あとはPicoBrewに任せると5日間でビールを醸造できる。

Kickstarterでは、1週間で当初の目標額の2倍の30万ドルの出資を集めた(日本時間10月7日現在)。

ビールを含む酒類の製造は、日本国内では酒税法により厳しい条件が課せられている。国税庁のWebサイトの「お酒についてのQ&A」には、市販されている「ビールキット」について「購入された商品については、アルコール分1度以上にならないよう製造方法が取扱説明書に具体的に記載されていると思われますので、その注意書に沿って、アルコール分が1度未満となるようにしてください。」とある。

1度以下のレシピでなければ日本国内では違法になるので、PicoBrewに日本から出資をする場合には注意が必要だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ハンドル付きで持ち運びも便利——Raspberry Pi搭載タブレット「CutiePi Tablet」
  2. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  3. Raspberry Pi用電源管理/死活監視モジュール「slee-Pi3」発売
  4. AI画像処理を組み込みできる——コンピュータービジョン開発キット「OpenCV AI Kit」
  5. 3D CADやIoTなど、ものづくりに必要な知識や技術を学べるオンライン学習システム「MID PLC オンライン」
  6. 従来よりも靭性を2倍に高めた固体電解質を開発——次世代型固体電池の実現へ
  7. スマートウォッチを生化学ヘルスモニターシステムへと変える粘着フィルムを開発
  8. 不織布使用量が従来品の1/10——3Dプリンター製の再使用可能マスク「θ(シータ)」
  9. Arduino互換のLEDストリップコントローラー「Glo」
  10. Android 10(Go edition)搭載のIoTエッジデバイス「Acty-G3」発売へ、eSIM/NFC対応のカスタムモデルも提供

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る