新しいものづくりがわかるメディア

RSS


次世代高性能3Dプリンタ開発支援に40億円、2014年度産業技術関係予算案

政府が2013年12月24日に閣議決定した2014年度予算案において、産業技術関係予算5418億円のうち、40億円が「三次元造形技術を核としたものづくり革命プログラム」に割かれることとなった。高速かつ高精度の世界最高水準の3Dプリンタ技術開発を支援する。

このプログラムの内容は大きく2つに分けられる。ひとつは、世界最高水準の3Dプリンタ技術開発事業で、造形速度を現在の10倍、精度を現在の5倍に高めるとともに、材料の多様化を目指す。

より具体的には、「高速・高性能の3D積層造形装置(制御ソフトなどを含む)の技術開発」、「金属などの粉末の開発及び粉末修飾技術の開発」、「耐熱積層鋳型による高融点金属鋳造技術の開発」「周辺技術(高機能複合部材の開発、後加工、未使用粉末の回収等技術)開発」の4点を挙げる。

もうひとつは、3D内外計測の評価基盤など周辺技術の開発。これに関しては、「装置精度評価用ゲージの開発」、「微小X線源の開発(大型・複合素材も投影できる高エネルギーX線)」、「高精度検出器の開発」、「面決定技術、画像処理技術の開発」の4点を挙げている。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 子どもからmakerまでArduinoの活用法を学べる——ステップバイステップ電子ガイドブック「Arduino for Everyone」
  2. 3Dプリンター活用技術検定試験を受けてみた——「ひとりで楽しむ」以上を目指すための良きガイド
  3. 横にも動けるボルボの新型軍用輸送車両「Scarabée」
  4. 集めたデータをグラフ表示できる——IIJ、個人向けIoTデータ可視化/監視サービス「Machinist」を提供開始
  5. スイッチサイエンス、M5Stack製AIカメラとSipeed製AI開発ボードを発売
  6. 電子部品をクラウド化——「オーダーメイドPoCキット」シリーズ販売開始
  7. シャーレ上でヒト毛包の生成に成功——3Dプリンターを活用した毛髪再生治療法の研究
  8. MIT、画像認識力を向上させる点群データの識別手法を開発
  9. ソーテック社、プログラミング初学者向けに「Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座」を刊行
  10. PSoCで電子回路を集積してみよう——CQ出版、サイプレスのPSoCを搭載する「トラ技電子回路クリエイタ「TSoC」コンプリート・キット」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る