新しいものづくりがわかるメディア

RSS


次世代高性能3Dプリンタ開発支援に40億円、2014年度産業技術関係予算案

政府が2013年12月24日に閣議決定した2014年度予算案において、産業技術関係予算5418億円のうち、40億円が「三次元造形技術を核としたものづくり革命プログラム」に割かれることとなった。高速かつ高精度の世界最高水準の3Dプリンタ技術開発を支援する。

このプログラムの内容は大きく2つに分けられる。ひとつは、世界最高水準の3Dプリンタ技術開発事業で、造形速度を現在の10倍、精度を現在の5倍に高めるとともに、材料の多様化を目指す。

より具体的には、「高速・高性能の3D積層造形装置(制御ソフトなどを含む)の技術開発」、「金属などの粉末の開発及び粉末修飾技術の開発」、「耐熱積層鋳型による高融点金属鋳造技術の開発」「周辺技術(高機能複合部材の開発、後加工、未使用粉末の回収等技術)開発」の4点を挙げる。

もうひとつは、3D内外計測の評価基盤など周辺技術の開発。これに関しては、「装置精度評価用ゲージの開発」、「微小X線源の開発(大型・複合素材も投影できる高エネルギーX線)」、「高精度検出器の開発」、「面決定技術、画像処理技術の開発」の4点を挙げている。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. CPU製造中止、工場「できません」スタートアップはモノとの戦い
  2. 3Dキャラクター召喚装置「Gatebox」が正式発売——新たに「キャラクタープラットフォーム構想」を発表
  3. スティックだけでプレイできるエアドラム——ポータブル電子ドラム「PocketDrum」
  4. MIT、エレクトロニクスを埋め込める3Dプリンター用フィラメントを開発
  5. オープンソースマイコン「RISC-V」を特集——CQ出版、「Interface 2019年12月号」を発刊へ
  6. 「作りたいもの」でプログラミングの基本がわかる——技術評論社、「改訂版 ゴールからはじめるC#」発刊へ
  7. 段ボールで作るドラムマシン——MIDIコントローラーキット「Beatbox」
  8. fabスペースhana_re(長野県岡谷市)
  9. てんとう虫をモテーフにした今も色あせないミュージックガジェット「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER SE-8」
  10. ガンダムの世界観でSTEM学習——ロボティクスやプログラミングを学べる学習教材「ZEONIC TECHNICS」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る