新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ブレッドボード配線のストレスを解消できる「ワイヤーストリッピングゲージ」、Kickstarterで目標額達成

BreadBoardManiacは、ブレッドボードで回路を作成するときの配線のストレスを解消できる「ワイヤーストリッピングゲージ」を開発した。ワイヤーを一発でぴったりの長さに切ったり、抵抗の足を簡単にボードに合わせて曲げることができたりするツールだ。クラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達を開始し、わずか4日で目標金額の8000ドル(約83万円)を達成する人気となっている。

ブレッドボードは電子回路の評価や試作に使う、半田付けなしで回路が作成できる基板。BreadBoardManiacが開発したワイヤーストリッピングゲージは、市販のワイヤーストリッパーに取り付けて使用するツール。本体に目盛り(ゲージ)がついているため、配線ワイヤーを必要な長さに切ったり、ブレッドボードに合わせて曲げたりすることが簡単にできる。

また、外側に開いているICの足をきれいに差し込めるようそろえたり、指で簡単に抵抗の足を曲げられるガイドや、隣り合った短い距離をつなぐ配線が作れる穴もある。これらの機能により、ブレッドボード配線時のストレスを解消できる。 

Kickstarterで資金調達を開始し、わずか4日で目標金額の8000ドルを達成。
現在、23ドル(約2400円)出資すると、ワイヤーストリッピングゲージとワイヤー10m×3のセットが入手できる(送料無料)。

また、他では手に入らない、BreadBoarManiac特製の木製ブレッドボードが手に入る出資プラン(180ドル以上)もある。完成は2014年4月頃の予定。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi 3と同性能で10ドルから——シングルボードコンピューター「La Frite」
  2. Raspberry Piを自分好みのノートPCにする組み立てキット「LapPi」
  3. タイ政府が教育にマイコンボードを大量採用 バンコクのGravitech
  4. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  5. 球が転がり落ちて時を刻む——3Dプリント製キネティックタイマー「Chrolo」
  6. 単純作業からカメラ撮影まで——費用対効果の高い中小企業向け産業用ロボットアーム「xArm」
  7. 家電のIoT化に挑戦——「obniz」を使ってAIやIoTを始められる「AIロボットキット」「IoTホームキット」
  8. ブートストラップ型の資金調達 ハードウェアベンチャーとキャッシュフロー
  9. 無線方向探知機やパッシブレーダーにも使える——RTL-SDRボード「KerberosSDR」
  10. 通信技術発達のはざまに存在したコミュニケーションツール 「SONY PERSONAL RADIO SPR-6 Skycircuit」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る