新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ブレッドボード配線のストレスを解消できる「ワイヤーストリッピングゲージ」、Kickstarterで目標額達成

BreadBoardManiacは、ブレッドボードで回路を作成するときの配線のストレスを解消できる「ワイヤーストリッピングゲージ」を開発した。ワイヤーを一発でぴったりの長さに切ったり、抵抗の足を簡単にボードに合わせて曲げることができたりするツールだ。クラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達を開始し、わずか4日で目標金額の8000ドル(約83万円)を達成する人気となっている。

ブレッドボードは電子回路の評価や試作に使う、半田付けなしで回路が作成できる基板。BreadBoardManiacが開発したワイヤーストリッピングゲージは、市販のワイヤーストリッパーに取り付けて使用するツール。本体に目盛り(ゲージ)がついているため、配線ワイヤーを必要な長さに切ったり、ブレッドボードに合わせて曲げたりすることが簡単にできる。

また、外側に開いているICの足をきれいに差し込めるようそろえたり、指で簡単に抵抗の足を曲げられるガイドや、隣り合った短い距離をつなぐ配線が作れる穴もある。これらの機能により、ブレッドボード配線時のストレスを解消できる。 

Kickstarterで資金調達を開始し、わずか4日で目標金額の8000ドルを達成。
現在、23ドル(約2400円)出資すると、ワイヤーストリッピングゲージとワイヤー10m×3のセットが入手できる(送料無料)。

また、他では手に入らない、BreadBoarManiac特製の木製ブレッドボードが手に入る出資プラン(180ドル以上)もある。完成は2014年4月頃の予定。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  4. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. Raspberry Piで環境センサーを使おう——ビット・トレード・ワン、センサー拡張基板「ラズパイセンサーボード」をリニューアル
  9. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート
  10. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る