新しいものづくりがわかるメディア

RSS


低価格な光造形3Dプリンタ「Pegasus Touch」がKickstarterに登場、1日で調達目標クリア

米Full Spectrum Laserは、低価格の光造形(SLA)方式3Dプリンタ「Pegasus Touch」を開発、クラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達を開始し、1日で目標の10万ドル(約1040万円)の資金を調達した。Full Spectrum LaserはレーザーカッターやCNCルータなどの製造販売を手がける企業。

Pegasus Touchは、同社のレーザ技術を用いて開発されたデスクトップ光造形(SLA)3Dプリンタ。近紫外線レーザで液体レジンを硬化させて造形する。光造形方式プリンタは現在デスクトップ3Dプリンタとして普及しつつあるFDM(熱溶解積層)方式に比べ、一般的に造形速度が速く造形精度も高いが、価格も数倍~十倍以上と高価だった。Pegasus Touchは市販予定価格で3499ドル(約36万4000円)、Kickstarterでの出資価格は2000ドル程度と廉価なことが最大の特徴。

3000mm/secのスピードでレーザ光を移動させFDM方式プリンタの最大10倍、他のSLAプリンタと比較しても3倍から5倍のスピートでプリントできるという。その他のスペックとしては、最大造形サイズ幅177×奥行き177×高さ571mm、収束レーザスポット最小径250μm、XY最大分解能3μm、Z方向最大分解能5μm(通常25~100μm)などとなっている。

Kickstarterでの目標額は10万ドルだが、すでにその2倍を超える24万ドル以上を達成した(2014年1月6日現在)。また、2014年1月7日から10日の3日間、ネバダ州ラスベガスで開催される見本市「Consumer Electronics Show:CES」に出展し、デモを行う。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  2. Raspberry Piを使った天気予報アナログ表示デバイス「Desktop Weather Display」
  3. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  4. 必要なモジュールだけ切り離して使える——Raspberry Pi Pico用開発キット「PicoBricks」
  5. 第5回 GPIOって何ですか? 機能や役割は?
  6. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  7. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  8. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  9. 第2世代の開発キット「M5Stack Core 2」、販売開始
  10. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る