新しいものづくりがわかるメディア

RSS


机の上を製造現場に 産業用ロボットレプリカキットがKickstarterで大人気

中国のUFactoryが開発した、スマホやPCで動かせるデスクトップサイズの産業用ロボットアームレプリカキット「uArm」が、クラウドファウンディングサイトKickstarterで人気を集めている。資金調達開始後数日で、目標額の13倍以上の資金6万5000ドル(約670万円)超を調達した。

uArmは、スイスの産業ロボットメーカーABBの産業用4軸パラレルロボットアーム「IRB460」をモデルに開発された。キットにはレーザーカットされたアクリル板または木製の部品と、サーボモーターや制御回路、ねじやベアリング、本体を机に固定するための吸盤など一式が含まれている。制御のためのマイクロコントローラはArduino互換だ。アームの先に取り付けることができるグリッパー(ものを挟んでつかむアタッチメント)や、吸盤(真空ポンプでものを吸い付けるアタッチメント)もオプションで用意している。

現在、PCでuArmを動かすためのソフトがあるが、iOS/Android版のアプリも開発中という。また、Kickstarterでのキャンペーン終了後には、uArmはオープンソース化する予定としている。

uArtはホビー向けロボットだが、Kickstarterで大人気となり、5000ドルの資金調達を目指してスタートしたが、記事執筆時点で調達目標の13倍を超える6万5000ドルが集まっている。185ドル(約1万9000円)以上出資すると、uArm本体とグリッパーのセットが1つ入手できる(日本までの送料が別途20ドル必要。出荷予定は2014年5月)。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  2. Raspberry Piで高画質動画撮影を可能にする「Raspberry Pi Cinema Camera」
  3. 二酸化炭素からでんぷんを人工合成するプロセスを開発——農業によるでんぷん生産を置換する
  4. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  5. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  6. 1台3役の3Dプリンター「Snapmaker 2.0」の新モデルが登場——静音性と高速性を向上
  7. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料
  8. 電力不要で海水を淡水化——EU主導で進行中の海水淡水化プロジェクト
  9. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  10. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る