新しいものづくりがわかるメディア

RSS


エイジアネット、ポーランド製3Dプリンタ「HBOT 3D」予約受付開始

エイジアネットは2014年3月19日、同社のオンラインECサイト「Lunavast(ルナヴァースト)」において、ポーランドの3D Printers Sp. z o.o.製3Dプリンタ「3D PRINTERS HBOT 3D」の予約販売を開始した。発売日は2014年4月10日、価格は49万6800円(税込)。

「3D PRINTERS HBOT 3D」 「3D PRINTERS HBOT 3D」

フィラメントはABSとPLA。最大造形サイズは300×300×300mmとかなり大きい。大きな造形物や複数造形物の同時出力に余裕で対応できる。外形寸法は560×570×700mm。

筐体は高剛性アルミ溶接フレームで精度の高い出力が可能、また振動を抑えるため、高速出力にも対応している(最高造形速度は、120mm/s)。各可動部品もアルミレーザー加工の軽量高精度部品を使用。精度に影響する直動部には、日本のミスミ製の高品質部品を採用。これらに加え、クローズドハウジングにより出力物周辺の環境を一定に維持することで、高精度出力を実現した。 

LCDパネル LCDパネル

ホットエンドノズル径0.4mm、最小積層ピッチは0.1最小積層ピッチは100μm(0.1mm)。ホストコンピュータとはUSBとEthernetで接続する。ソフトウェアは「YARRH」。モノクロ128×64のLCDパネルが搭載されている。

出力サンプル1 出力サンプル1
出力サンプル2 出力サンプル2

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 全てのヘッドホンをスマートヘッドホンに変換する技術を開発
  2. 800種類の電子パーツを紹介——日経BP「ラズパイ工作 パーツ大全 2021-2022」発刊
  3. スイッチサイエンス、Raspberry Pi Pico用ディスプレイモジュール2種を発売
  4. 太陽エネルギーを長期間貯蔵できる液体「太陽熱燃料」開発プロジェクト
  5. フィギュアの肌を美しく——Bfull、3Dプリントによる美肌表現技術を開発
  6. 5G通信網を使ってスマホをワイヤレス充電——新しいミリ波ワイヤレス給電システムを開発
  7. 会社を辞めて、カセットテープDJ装置を製品化することにしました
  8. 世界初の木製人工衛星が今年宇宙に
  9. ジョイスティックで動く小型ロボット犬「TiBeast」
  10. コガネイ、空気圧人工筋肉用コントローラー「PMCシリーズ」販売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る