新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリンタで制作された、子宮をイメージした長椅子「Gemini」

建築家でデザイナーでもあるMITメディアラボのネリ・オックスマン(Neri Oxman)教授が、Stratasysのマルチカラー/マルチマテリアル対応3Dプリンタ「Objet500 Connex3」で出力した部品を使った、子宮をイメージした長椅子「Gemini」を発表した。

Gemini(双子座の意)は2人掛けの長椅子で、内側表面の材料特性とその空間的配置によって、音響や質感で、子宮の中での双子の関係を伝えるもの。MITの材料科学・工学専攻のクレイグ・カーター(W. Craig Carter)教授と共同で設計したという。

Geminiとネリ・オックスマン教授 Geminiとネリ・オックスマン教授

Geminiの内側にはObjet500 Connex3を使い、44種類の複合PolyJetデジタル材料で造形した部品が敷き詰められている。この「スキン」は、Stratasys独自のトリプル噴射技術によって、3つの基本的な材料をブレンドし、透明や不透明の黄色やオレンジ色のさまざまな色合いを、異なる剛性で造形したもの。それにより、音の吸収度を変化させ、形状等と合わせ、静かで落ち着いた環境のための、独特の振動音響効果を可能にした。

「この長椅子は、音を内側に反射する曲面を用いて設計されています。表面構造は音を散乱させ反射します。それにより、とてもとても静かで穏やかな環境を作るのです」とオックスマンは説明している。

Geminiは、フランスのパリにあるLa Laboratoireで開催中の展示「Vocal Vibrations」で初公開されている。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  4. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  5. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る