新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「第2回3Gシールド・アイデア・コンテスト」作品募集開始

NPO法人3Gシールドアライアンスは2014年4月14日、「第2回3Gシールド・アイデア・コンテスト」の一次エントリーの受け付けを開始した。このコンテストは、ArduinoプラットフォームとArduino向けの3G通信モジュール「3Gシールド」を使った、アイデア製品を生み出そうというもの。

一次エントリーはアイデア審査であり、3G通信技術を使った企画およびアイデアのみ募集する。募集期間は7月31日までで、上位入賞者は二次エントリー(実機を使ったデモビデオによる審査)で使用する3Gシールドの貸し出しや安価での提供を受けられる。

3GシールドとArduino 3GシールドとArduino

M2Mシステムは、急成長と多様な新しいビジネスが見込まれる分野であり、その潜在需要を顕在化するのがコンテストの目的だという。昨年開催した第1回コンテストでは、1次エントリーに44作品、2次エントリーにも22作品の応募があった。第2回となる今回は、1次エントリー100作品、2次エントリー50作品以上の応募を想定しているという。

審査は、「学生・生徒」と、社会人を中心とした「一般」の2部門で行なわれる。2次エントリーからでも参加できる。 

1次エントリーの締め切りは2014年7月31日、2次エントリーの締め切りは9月30日。その後、入賞者によるプレゼンと表彰を行なう、カンファレンスを2014年11月16日に開催する予定。優秀賞ほか各賞には、試作開発の支援や副賞、CQ出版社のWeb上などでの発表を行う予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. CPU製造中止、工場「できません」スタートアップはモノとの戦い
  2. 3Dキャラクター召喚装置「Gatebox」が正式発売——新たに「キャラクタープラットフォーム構想」を発表
  3. スティックだけでプレイできるエアドラム——ポータブル電子ドラム「PocketDrum」
  4. MIT、エレクトロニクスを埋め込める3Dプリンター用フィラメントを開発
  5. オープンソースマイコン「RISC-V」を特集——CQ出版、「Interface 2019年12月号」を発刊へ
  6. 「作りたいもの」でプログラミングの基本がわかる——技術評論社、「改訂版 ゴールからはじめるC#」発刊へ
  7. 段ボールで作るドラムマシン——MIDIコントローラーキット「Beatbox」
  8. fabスペースhana_re(長野県岡谷市)
  9. てんとう虫をモテーフにした今も色あせないミュージックガジェット「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER SE-8」
  10. ガンダムの世界観でSTEM学習——ロボティクスやプログラミングを学べる学習教材「ZEONIC TECHNICS」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る