新しいものづくりがわかるメディア

RSS


大人の科学マガジン舞台裏を追うドキュメンタリー「おとなのかがく」

毎回、ものづくり心を刺激するふろくで人気の学研「大人の科学マガジン」。そのふろく制作の裏側を追ったドキュメンタリー映画「おとなのかがく」が、5月3日から渋谷ユーロスペースで公開される。

映画おとなのかがくは、映画美学校で映像制作を学んだ忠地裕子監督の卒業制作から生まれた作品で、これが初の一般公開となる。

オランダの造形作家テオ・ヤンセン氏の風の力で動くアートを、大人の科学マガジンの「世界最高のふろく」にしようと奮闘する編集者や技術者の姿が映像化されている。

5月3日には公開初日イベントとして、10:00からの上映終了後に西村俊之編集長やふろくを制作する永岡昌光氏、忠地監督らの舞台あいさつが予定されている。

上映は、東京都渋谷区円山町の渋谷ユーロスペースで、毎日10:00~と21:00~の2回上映。当日料金は1500円だが、大人の科学マガジンのふろく(なんでも)を持参すると1200円で鑑賞できる。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  3. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  6. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  7. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る