新しいものづくりがわかるメディア

RSS


カメラに映る画像をスケッチするロボットアーム「PicassoBot」

画像ファイルを紙にスケッチするロボットアームキット「PicassoBot」がKickstarterで資金調達を開始した。中高生向けの学習キットだが、大人にも興味深い仕様だ。

開発したThe Educated Robotは、STEAM(サイエンス、テクノロジー、エンジニアリング、アート、数学)の概念を中学~高等学校の生徒が学ぶためにPicassoBotを作成した。組み立てにはんだ付けは不要で、ほんの1~2時間で組み立てることができる。プロジェクトのすべてはオープンソースで、IoT(Internet of Things)について学ぶのに最適なキットだ。

PicassoBotはパソコン上で描いた絵を紙にスケッチできるだけでなく、Webカメラからの入力情報を元に似顔絵を描くことができる。またオプションのタッチパッドを使って、指でタッチする三目並べが遊べるなど、拡張性を持っている。Arduinoのコードと互換性を持つプログラミング環境「Energia IDE」は、後々C言語やJavaを学ぶための入門として分かりやすいように作られている。

記事執筆時点では1万ドル(約101万円)の目標額のうち約1600ドル(約16万円)が集まっている。75ドルを出資するとPicassoBotキットが入手できるほか、90ドル以上の出資で、より滑らかにスケッチができるようになる金属製ギアサーボやタッチパッド、BluetoothやWi-Fiモジュールが付属したキットを入手できる。日本への送料は別途20ドルが必要。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. CPU製造中止、工場「できません」スタートアップはモノとの戦い
  2. 3Dキャラクター召喚装置「Gatebox」が正式発売——新たに「キャラクタープラットフォーム構想」を発表
  3. スティックだけでプレイできるエアドラム——ポータブル電子ドラム「PocketDrum」
  4. MIT、エレクトロニクスを埋め込める3Dプリンター用フィラメントを開発
  5. オープンソースマイコン「RISC-V」を特集——CQ出版、「Interface 2019年12月号」を発刊へ
  6. 「作りたいもの」でプログラミングの基本がわかる——技術評論社、「改訂版 ゴールからはじめるC#」発刊へ
  7. 段ボールで作るドラムマシン——MIDIコントローラーキット「Beatbox」
  8. fabスペースhana_re(長野県岡谷市)
  9. てんとう虫をモテーフにした今も色あせないミュージックガジェット「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER SE-8」
  10. ガンダムの世界観でSTEM学習——ロボティクスやプログラミングを学べる学習教材「ZEONIC TECHNICS」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る