新しいものづくりがわかるメディア

RSS


360度のHDビデオ映像をストリーミング配信できる「360cam」

Kickstarterに登場して早々に目標の15万ドル(約1520万円)を調達した「360cam」は、フルHDで全周画像を撮影できるだけでなく、Wi-Fiでストリーミングを配信などが可能な多機能カメラだ。

水平方向360度、上下方向は足元を除く300度の画像を一度に撮影する。外形は69×69mmと小型で、重さも180gと軽量だ。さらに水深10mまで耐える防水(IPX8)性能を備えている。水中撮影用の特製レンズキャップも用意している。

本体には状態を表示するLEDとコントロールボタンがある。電源はリチウムイオン電池ベースや、電源を供給できるイーサネット(POE)アダプタを用意している。画像保存用のマイクロSDカードは64Gバイトまで使用可能。ビデオの場合、2048×1024@30/25fps(MP4/h.264)、静止画の場合は4096×2048@3fps(JPG)で撮影できる。 

3つのモードがあり、ビデオ撮影と写真撮影、そしてWi-Fiを介したストリーミング配信だ。画像はスマートフォン(Android、iOS)、PC(Windows、Mac)で閲覧できる。あのVRヘッドマウントディスプレイ「Oculus Rift」向けのビデオプレーヤーも提供する。Wi-Fi環境さえ整っていれば撮ってすぐにスマートフォンで確認ができる。GPS機能も備えており、撮影した写真をその場で各SNSに投稿することも可能だ。

記事執筆時点で目標額の15万ドルを達成しており、248ドルの超早期キットは品切れ、現在は早期に受け取れる299ドル(約3万円)のキットに出資可能。出荷は2014年11月を予定している。日本への送料は別途20ドルが必要。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  8. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る