新しいものづくりがわかるメディア

RSS


初期Macのデザインで知られるfrog designが手がけた3Dプリンタ

約250ドルと低価格ながら、frog designの手でこれまでの3Dプリンタと一線を画すデザインを得た3Dプリンタ「MOD-T」がIndiegogoに登場し、およそ40万ドルを獲得している。

MOD-T自体は200ドル台と低価格でありながら目標資金額は37万5000ドル(約380万円)と強気だが、調達を開始してわずか2日で見事に目標を達成する人気となっている。

MOD-T

 プロジェクトを立ち上げたのはカリフォルニアに拠点を置くNewMatter。共同研究者のスティーブ・シェル氏は2000年代初頭から3Dプリンタという新しい技術に目をつけていた。しかしそのころは非常に高価な製品だったので、氏は3Dプリンタが安価で誰でも気軽に使えるように情熱を注いだという。

MOD-Tの仕様は、外形が380×280×365mm、印刷容量は最大で150×100×125mm。使用できるフィラメントは直径1.75mmのPLA。最小積層ピッチは開発途中だが、出荷までに0.1mm(100μm)を目指すという。

MOD-T

一目見てほかの3Dプリンタと違う印象的なデザインは、Apple IIcやMacintosh II、Macintosh SE、NeXT cubeやWindows XPのデスクトップなど数々のIT製品のデザインで知られるfrog designが手がけた。製造機械らしさは感じられず、なにかのアート作品のようにも見える。本体の色は白と黒の2色から選ぶことができる。

MOD-T

早期割引の149ドルや199ドルのセットは売り切れだが、249ドル(約2万5000円)で本体と0.5kgのフィラメント、アプリケーションを含むセットが入手できる(日本への送料は115ドル)。ただ、製品が完成して出荷されるのは2015年5月と1年も先のため、気長に待つ必要がありそうだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 100均ガジェットの中身を見てみよう——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!Part2」発刊
  2. リモート操縦可能でオートバランス機能を搭載した電動スクーター「Segway eScooter T」 #CES2021
  3. Pythonの生みの親が解説——オライリー、「Pythonチュートリアル 第4版」発刊
  4. カメラなしでスマートホーム化、5種類のセンサーを備えたスマートセンサー「OVAL」 #CES2021
  5. 「Blender 2.9 ガイド&3DCG基本作品制作」刊行、機能や製品製作の仕方を紹介
  6. micro:bitの初心者向けオンライン技術書「micro:bit 入門(v2対応)」、期間限定で無料配信
  7. ワイヤレスイヤホンと一体化したフェイスマスク「MaskFone」#CES2021
  8. A4サイズ/金属にも彫刻可能なレーザー加工機「Cubiio 2」がMakuakeに登場
  9. Raspberry Piで指紋認証——静電容量式指紋センサーHAT「PiFinger」
  10. 3Dプリントで製作する通気性に優れた脊柱装具「Exos Armor」 #CES2021

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る