新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリンタで作るオブジェのような木製スピーカー

深海のイカからインスパイアされてスピーカー「Spirula4.0」をデザインしたのはAkemakeという3Dプリントを念頭に置いたプロダクトを開発するチームで、現在eコマースでSpirula4.0のモデルデータを無料で提供している。

Spirula4.0はFillamentum製の100%生物由来のフィラメント(リサイクルした木質40%を含んでいる)、「Timberfill」によって造形される。スピーカーコンポーネントなしでの重量は約650g。また、Spirula4.0は3DデータがAkemakeのサイトから現在0ドルで購入できるため、フィラメントとスピーカーユニットを合わせた総費用は概算で約120ドル程度だという。

Akemakeは3Dプリントオブジェクトに焦点を当てたeコマースのプロジェクトで、インテリアや日用品など、商品のどれもが優れたデザイン性を備えている。Akemakeでは、Web上で気に入ったオブジェクトがあれば、3Dプリント可能なモデルファイルとしてオブジェクトを買うことができるという仕組みになっている。ユーザーはそれを自分の3Dプリンタで出力するだけでいい。

このSpirula4.0は7月以降、ブタペストで開催されるデザインターミナル、ロンドンで開催される3Dプリントショー、バーミンガムで開催されるTCTショーで展示される予定だ。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi公式ディスプレイとカメラを一体型ケースに——Raspberry Pi用ケース「SmartiPi Touch Pro」
  2. 数学的概念を自動的に図式化するツールを開発 カーネギーメロン大
  3. プリント後に造形物の形を変えられる3Dプリント方法を開発 米ライス大
  4. 電子回路とコーディングを学ぶ——学校教育向けSTEM学習キット「DuinoKit」
  5. 4000℃以上に耐えるセラミック耐熱材料を開発——航空宇宙分野での活用が期待
  6. 500dpiの精細な刻印——厚さ6cmのスリムなレーザー加工機「Cubiio 2」
  7. 【会社員2540人のテレワーク実態調査】製造業系エンジニアの51.5%、IT系エンジニアの75.7%がテレワークで在宅勤務。人気ツールは「Microsoft Teams」と「Zoom」
  8. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  9. 世界最速の電動式モノホイールを大学生が開発——ギネス世界記録に挑戦
  10. 低価格で人気のあったホビー向け8ビットパソコン「KAWAI MSX2 PERSONAL COMPUTER KMC-5000」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る