新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリンタで作るオブジェのような木製スピーカー

深海のイカからインスパイアされてスピーカー「Spirula4.0」をデザインしたのはAkemakeという3Dプリントを念頭に置いたプロダクトを開発するチームで、現在eコマースでSpirula4.0のモデルデータを無料で提供している。

Spirula4.0はFillamentum製の100%生物由来のフィラメント(リサイクルした木質40%を含んでいる)、「Timberfill」によって造形される。スピーカーコンポーネントなしでの重量は約650g。また、Spirula4.0は3DデータがAkemakeのサイトから現在0ドルで購入できるため、フィラメントとスピーカーユニットを合わせた総費用は概算で約120ドル程度だという。

Akemakeは3Dプリントオブジェクトに焦点を当てたeコマースのプロジェクトで、インテリアや日用品など、商品のどれもが優れたデザイン性を備えている。Akemakeでは、Web上で気に入ったオブジェクトがあれば、3Dプリント可能なモデルファイルとしてオブジェクトを買うことができるという仕組みになっている。ユーザーはそれを自分の3Dプリンタで出力するだけでいい。

このSpirula4.0は7月以降、ブタペストで開催されるデザインターミナル、ロンドンで開催される3Dプリントショー、バーミンガムで開催されるTCTショーで展示される予定だ。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 50年来の信号処理に関する謎が解かれる、逆高速フーリエ変換がついに一般化
  2. マイリュックはMacintosh SE/30! 89年製Macを最新LEDリュックに大改造
  3. 1.5V出力で1000回使える充電池——LiPo充電池「Pale Blue」
  4. CQ出版、トラ技創刊55周年——2020年1月号の特集はDVD2枚による「エレクトロニクス設計ツール全集」
  5. いつでもどこでもレーザー刻印できる——携帯型レーザー刻印機「LaserPecker Pro」
  6. ソレノイドで簡単電子工作——タカハ機工、電子工作キット「SOLEKIT」発売
  7. 慶應義塾大学、3Dプリントを使った単位格子とそのデータ設計技術を開発——身体にフィットする義肢装具開発への応用に
  8. micro:bitでクラシックカーレース優勝を目指してみた!
  9. リアル「アイアンマン」、ジェットエンジンスーツ装着時最高速度のギネス世界記録を更新
  10. LPWAを導入しよう——CQ出版、「エレキジャックIoT No.1」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る