新しいものづくりがわかるメディア

RSS


オープンソースの光造形3Dプリンタ「M-One」がKickstarterに登場

4月に発表され先日Kickstarterに登場した、中国MAKEXの光造形方式3Dプリンタ「M-One」は、2000ドルを切る価格でありながら高精細出力を誇り、またオープンソースであることから注目を集めている。

M-Oneの外形は380×320×490mm、最大造形サイズは145×110×170mm。最小積層ピッチは20μmで、これは一般的なFDM方式3Dプリンタの5倍も高精細で、印刷速度(Z軸方向の速度)は1時間に25mmだ。

オープンソースであることも人気の理由だ。M-OneのコントローラはArduinoを利用しており、3Dプリンタとしての機能を改変したり、拡張したりすることも可能となっている。造形には特許出願中のソフトバットシステムが採用されている。光硬化樹脂を入れるバットの底の部分が柔軟性のある膜になっていて、脱型時に開放される真空圧力に対し、弾力性と伸縮性の両方を兼ね備えているという。

また光硬化樹脂は標準品を提供するが、1リットルあたり45ドルと低価格で、その他のサードパーティ製の樹脂もサポートする。造形に使われなかった残りの樹脂は次の造形に再利用することができる。 

記事執筆時点では2000ドル以下の早期割引セットは売り切れており、現在は2099ドル(約21万3000円)からとなっている。このセットにはオレンジ色の「M-One」本体と500mlの樹脂、それに造形物を洗ったりするためのトレイなどの仕上げキットが含まれる。日本への送料は別途必要だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  7. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  10. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る