新しいものづくりがわかるメディア

RSS


オープンソースの光造形3Dプリンタ「M-One」がKickstarterに登場

4月に発表され先日Kickstarterに登場した、中国MAKEXの光造形方式3Dプリンタ「M-One」は、2000ドルを切る価格でありながら高精細出力を誇り、またオープンソースであることから注目を集めている。

M-Oneの外形は380×320×490mm、最大造形サイズは145×110×170mm。最小積層ピッチは20μmで、これは一般的なFDM方式3Dプリンタの5倍も高精細で、印刷速度(Z軸方向の速度)は1時間に25mmだ。

オープンソースであることも人気の理由だ。M-OneのコントローラはArduinoを利用しており、3Dプリンタとしての機能を改変したり、拡張したりすることも可能となっている。造形には特許出願中のソフトバットシステムが採用されている。光硬化樹脂を入れるバットの底の部分が柔軟性のある膜になっていて、脱型時に開放される真空圧力に対し、弾力性と伸縮性の両方を兼ね備えているという。

また光硬化樹脂は標準品を提供するが、1リットルあたり45ドルと低価格で、その他のサードパーティ製の樹脂もサポートする。造形に使われなかった残りの樹脂は次の造形に再利用することができる。 

記事執筆時点では2000ドル以下の早期割引セットは売り切れており、現在は2099ドル(約21万3000円)からとなっている。このセットにはオレンジ色の「M-One」本体と500mlの樹脂、それに造形物を洗ったりするためのトレイなどの仕上げキットが含まれる。日本への送料は別途必要だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1980年代に高校通信教育講座受講者に無償配布された専用ラジカセ「NEC FM SUB/FM AM RADIO CASSETTE TAPE RECORDER RM-380(非売品)」
  2. より良いサーフボードのデザインで地球を救いたいと一企業が考えた理由
  3. 好みの3Dプリンター自作に——デスクトップ3Dプリンター用フレーム「Easy Frame」
  4. 光造形方式3Dプリンター「SparkMaker FHD」、CAMPFIREにてクラウドファンディングを開始
  5. ナット挿入や穴開けもできる3Dプリント造形物用仕上げツール「Modifi3D PRO」
  6. 飛騨高山産の木材で作った木製ヘッドフォン「ヒダノオト」
  7. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  8. PCB一体型アンテナ搭載——小型BLEモジュール「NINA-B306/316」
  9. クラレ、水溶性のMOWIFLEXを使った3Dプリンター用サポートフィラメントを発表
  10. 円筒状の表面にレーザー刻印できる——レーザー加工機用ロータリーアタッチメント「PiBurn」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る