新しいものづくりがわかるメディア

RSS


フィラメントではなくペレットから直接プリントできる3Dプリンタ

オハイオ州の3DプリンタメーカーSculptifyがまもなくリリースする「David」は、フィラメントの材料であるペレットから直接プリントができるFDM方式3Dプリンタだ。フィラメントを使う3Dプリンタよりもプリントコストが安くなる。

ペレットから直接プリントできるようになったのは、Sculptifyが開発したFLEXと呼ぶ溶融層押出技術によるところが大きい。Davidは扱いも簡単で、プリンタの上部にあるふたをスライドさせ、そこペレットを流し込むだけと手間がない。

ペレットとして使える素材は現在テスト中とのことだが、Davidを紹介するWebページにあるだけでも、ABS、PLA、HDPE、EVA、HIPS、TPU、ナイロン、ポリカーボネートなどさまざまな素材を使うことができそうだ。

FLEX技術を搭載した最初の製品であるDavidの外形サイズは538×502×620mm、最大造形サイズは200×220×185mm。最小積層ピッチは20μm(PLAの場合)。押出機の最高温度はセ氏330度、ノズル系は0.3/0.4/0.5mm。

ビデオ画像を見ると、Davidではノズル1つがフレームに固定されていて、プリントヘッドがX/Y/Z軸方向に動いてプリントすることがわかる。またプリントヘッドの表層プレートは取り外しができ、造形物の取り出しが容易にできる。

「Davidの発表以来、私たちは圧倒的な量の質問やコミュニティからのフィードバックを受けたが、それらは私たちにとっても重要なことだった。彼らの質問へは、可能な限り視覚的に答えられると確信している」とSculptifyの社長兼共同創設者であるトッド・リンツカム氏は述べている。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 100均ガジェットの中身を見てみよう——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!Part2」発刊
  2. リモート操縦可能でオートバランス機能を搭載した電動スクーター「Segway eScooter T」 #CES2021
  3. Pythonの生みの親が解説——オライリー、「Pythonチュートリアル 第4版」発刊
  4. カメラなしでスマートホーム化、5種類のセンサーを備えたスマートセンサー「OVAL」 #CES2021
  5. 「Blender 2.9 ガイド&3DCG基本作品制作」刊行、機能や製品製作の仕方を紹介
  6. micro:bitの初心者向けオンライン技術書「micro:bit 入門(v2対応)」、期間限定で無料配信
  7. ワイヤレスイヤホンと一体化したフェイスマスク「MaskFone」#CES2021
  8. A4サイズ/金属にも彫刻可能なレーザー加工機「Cubiio 2」がMakuakeに登場
  9. Raspberry Piで指紋認証——静電容量式指紋センサーHAT「PiFinger」
  10. 3Dプリントで製作する通気性に優れた脊柱装具「Exos Armor」 #CES2021

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る