新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリンタを使って24時間で製造された無人航空機が飛行に成功

英シェフィールド大学先進製造プロセス研究センター(AMRC)の研究者が飛行実験に成功した無人航空機(UAV)の部品や機体は、FDM式3Dプリンタで出力されたものだ。

このプロトタイプのUAVの翼幅は1.5mで、今年2月の試験飛行は推進器のないグライダーとしてのものだ。全部で9つある部品はStratasysの「Fortus 900mc」でプリントされ、材料として2kgのABSが使われた。組み立てははめ込むだけですむように設計されている。部品のプリントと組み立てには24時間かかったが、3Dプリンタの技術を使わなければ、製造に120時間以上かかるだろうという。

2kgのABS材料の価格はわずか9ドル。このように低コストでUAVを作ることができるようになると、使い捨てにできる無人の偵察機や配達のためのUAVといったものたちの可能性が広がると、AMRCの研究者たちは考えている。

UAVがグライダーとして飛行実験をクリアしたことを受けて、研究者たちは機体中央部に組み込む予定の電動ダクトファン推進システムの開発を進めている。また素材には、ABSに比べて重量を増やすことなく強度が60%高いナイロンも評価中だ。彼らの計画では、GPSやカメラ技術を用い、遠隔地から人が飛行状況を把握できるようにする予定だという。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 超小型なRaspberry Pi——RP2040を搭載した「Raspberry Pi Pico」、マルツでも取り扱い開始
  2. トンボをヒントにした羽ばたき式飛行機を開発
  3. 19.8×16.6mmのArduino——Arduino互換ボード「Minima」
  4. スイッチサイエンス、デジタル出力で物体検出と未検出を伝える「Pololuデジタル距離センサ物体検出型」発売
  5. スイッチサイエンス、SAMD21を搭載した「Adafruit QT Py-SAMD21開発ボード」発売
  6. 指紋検出の仕組みを実装可能な薄型指紋センサー、スイッチサイエンスで販売
  7. 開発者向けオールインワンソリューション——ARスマートグラス「Mutrics ARiC」
  8. ステンレスにも刻印できる準産業グレードのレーザー加工機「LaserPro」
  9. 体温をバッテリーに利用する、自己修復型ウェアラブル熱電発電機を開発
  10. DVDプレーヤーの部品で作るオープンソースプロジェクト、「レーザー走査型顕微鏡」が公開

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る