新しいものづくりがわかるメディア

RSS


GE製スマート家電とコンピュータをつなぐ「GreenBean」

FirstBuild発のプロジェクトとして開発されたインターフェースデバイス「GreenBean」は、スマート家電をパソコンやRaspberry Piなどから制御できるようにするという面白いモジュールだ。

FirstBuildは、GE(ゼネラル・エレクトリック)とLocal Motorsが共同で立ち上げた、オープンなものづくりのためのコミュニティプラットフォーム。コミュニティサイトにGEがテーマを出すことで製品に関するアイデアを募り、実際にものづくりを行うもので、すでにいくつものプロジェクトがある。

GreenBeanを使えば、GE製家電(冷凍冷蔵庫、食洗機、電子レンジ、オーブンレンジ、洗濯機など)が搭載しているマイクロコンピュータにアクセスできるようになる。例えばスマートフォンでオーブンの温度を設定したり、乾燥が終わったときにメールが届くようにしたりできるという。

GreenBeanを使って操作するためのプログラムは、githubに公開されているソフトウェア開発キット(SDK)を使って開発できる。SDKはMacやWindows、Linuxなどで動作し、携帯電話、タブレット、Raspberry Piなどのマイクロコンピュータに至るまで、さまざまなデバイスで使用することが可能だ。またGreenBeanは基板がむき出しだが、Thingiverseには3Dプリンタで造形できるケースの3Dデータが公開されている。

GE製品に限られているのは残念だがなかなか興味深いプロジェクトだ。「GreenBean」の価格は19.95ドルと安いのも魅力的だ。 

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. 春から意識を下げていこう!新社会人を頭が悪い工作で応援してみた
  2. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  3. ゲームをつくって楽しもう——高校生向けPython入門書「ゲームを作りながら楽しく学べるPythonプログラミング」発刊
  4. ROSでロボットを動かそう——「Raspberry Piで学ぶ ROSロボット入門」発刊
  5. 炭素繊維の用途が広がるか——LLNL、炭素繊維を複雑な形状での3Dプリントに成功
  6. 「志村!うしろ!」の後ろにいたデザイナー 山田満郎の「全員集合」舞台デザイン
  7. サイボーグ義足で東京パラリンピックは金メダルを! スポーツ工学を考慮したテクノロジーで世界最速ランナーの育成を目指す
  8. 世の中の偏差値を下げろ!「頭の悪いメカ発表会」
  9. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  10. Raspberry PiやArduinoでGroveセンサが使える——Groveセンサキット「800-RPSET1_2」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る