新しいものづくりがわかるメディア

RSS


GE製スマート家電とコンピュータをつなぐ「GreenBean」

FirstBuild発のプロジェクトとして開発されたインターフェースデバイス「GreenBean」は、スマート家電をパソコンやRaspberry Piなどから制御できるようにするという面白いモジュールだ。

FirstBuildは、GE(ゼネラル・エレクトリック)とLocal Motorsが共同で立ち上げた、オープンなものづくりのためのコミュニティプラットフォーム。コミュニティサイトにGEがテーマを出すことで製品に関するアイデアを募り、実際にものづくりを行うもので、すでにいくつものプロジェクトがある。

GreenBeanを使えば、GE製家電(冷凍冷蔵庫、食洗機、電子レンジ、オーブンレンジ、洗濯機など)が搭載しているマイクロコンピュータにアクセスできるようになる。例えばスマートフォンでオーブンの温度を設定したり、乾燥が終わったときにメールが届くようにしたりできるという。

GreenBeanを使って操作するためのプログラムは、githubに公開されているソフトウェア開発キット(SDK)を使って開発できる。SDKはMacやWindows、Linuxなどで動作し、携帯電話、タブレット、Raspberry Piなどのマイクロコンピュータに至るまで、さまざまなデバイスで使用することが可能だ。またGreenBeanは基板がむき出しだが、Thingiverseには3Dプリンタで造形できるケースの3Dデータが公開されている。

GE製品に限られているのは残念だがなかなか興味深いプロジェクトだ。「GreenBean」の価格は19.95ドルと安いのも魅力的だ。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi 3と同性能で10ドルから——シングルボードコンピューター「La Frite」
  2. Raspberry Piを自分好みのノートPCにする組み立てキット「LapPi」
  3. タイ政府が教育にマイコンボードを大量採用 バンコクのGravitech
  4. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  5. 球が転がり落ちて時を刻む——3Dプリント製キネティックタイマー「Chrolo」
  6. 単純作業からカメラ撮影まで——費用対効果の高い中小企業向け産業用ロボットアーム「xArm」
  7. 家電のIoT化に挑戦——「obniz」を使ってAIやIoTを始められる「AIロボットキット」「IoTホームキット」
  8. ブートストラップ型の資金調達 ハードウェアベンチャーとキャッシュフロー
  9. 無線方向探知機やパッシブレーダーにも使える——RTL-SDRボード「KerberosSDR」
  10. 通信技術発達のはざまに存在したコミュニケーションツール 「SONY PERSONAL RADIO SPR-6 Skycircuit」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る