新しいものづくりがわかるメディア

RSS


シャープが電卓初代機の3Dモデルデータを公開——電卓50周年を記念

シャープは1964年に発売した世界初の電子式卓上計算機「CS-10A」の3Dモデルデータを公開した。クリエイティブ・コモンズ・ライセンスのもとで利用できる。

オールトランジスタ構成のCS-10A“電卓”が発売されて50周年になるのを記念し、3Dデジタルアーカイブとして残すことを目的に制作したという。実機を3Dスキャナでスキャニングし、調整を経て3Dプリンタで造形できる3Dモデルデータを作成した。

この「CS-10A 3Dデータ」はクリエイティブ・コモンズ・ライセンス(BY-NC)のもとで公開されている。ファイル形式は多くの3Dプリンタで利用できるSTL形式と、テクスチャ情報を含んだWRL形式の2種類がある。

企業での3Dモデルデータの利用は、当然ながらものづくりに関するものがほとんどで、3Dデジタルアーカイブとして誰もが閲覧・利用できる形で公開するという動きはめずらしい。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 全てのヘッドホンをスマートヘッドホンに変換する技術を開発
  2. 800種類の電子パーツを紹介——日経BP「ラズパイ工作 パーツ大全 2021-2022」発刊
  3. スイッチサイエンス、Raspberry Pi Pico用ディスプレイモジュール2種を発売
  4. 太陽エネルギーを長期間貯蔵できる液体「太陽熱燃料」開発プロジェクト
  5. フィギュアの肌を美しく——Bfull、3Dプリントによる美肌表現技術を開発
  6. 5G通信網を使ってスマホをワイヤレス充電——新しいミリ波ワイヤレス給電システムを開発
  7. 会社を辞めて、カセットテープDJ装置を製品化することにしました
  8. 世界初の木製人工衛星が今年宇宙に
  9. ジョイスティックで動く小型ロボット犬「TiBeast」
  10. コガネイ、空気圧人工筋肉用コントローラー「PMCシリーズ」販売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る