新しいものづくりがわかるメディア

RSS


高精細ながらお手頃価格のFFF方式3Dプリンタ「Rapide Lite」

最小積層ピッチ50μmと高精細かつ、比較的安価なFFF(熱溶融積層)方式デスクトップ3Dプリンタ「Rapide Lite」は、総金属製で高精度・堅牢な作り、使える素材も幅広い。

Indiegogoでは資金調達開始後1日で目標資金額1万5000ドル(約164万円)を達成し、記事執筆時点で9万ドル以上を集めている。 

「Rapide Lite」は造形サイズ別に3モデルあり、「Rapide Lite 200」は最大造形サイズ200×200×200mmで押出機を1つ備える。「Papide Lite 350」は350×350×350mmで押出機を2つ、「Rapide Lite 500」は500×500×500mmで押出機を3つ備えている。Rapide Lite 350は一度に2つのフィラメントを使ってプリントすることができ、Rapide Lite 500は3つのフィラメントを使ってプリントできる。使用できる素材はPLA、ABS、PVA、ナイロン、HIPPS、Laywoodと多岐にわたる。本体はブラック、イエロー、ピンク、ブルー、シルバーの5色から選べる。

Rapide Liteは、2014年末に市販する予定だが、いまならindiegogoでおよそ4割引の価格で手にいれられる。Rapide Lite 200キットが499ドル(約5万4000円)、Rapide Lite350キットが1299ドル(約14万2000円)、Rapide Lite 500キットが3499ドル(約38万3000円)だ。送料は別途必要だが、目標資金額5万ドルを達成したので1キログラムのフィラメントが付いてくる。発送2015年3月の予定。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  2. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  3. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  4. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  5. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  6. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  7. 荒れた海でも水面近くを飛行できる——米軍の新型水上機「Liberty Lifter」
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る