新しいものづくりがわかるメディア

RSS


板を組み合わせて立体を表現するオブジェクトを作れるCADツール

カットされた平面の板を組み合わせて恐竜などの立体を表現するオブジェクトを設計することができるフリーCADソフトウェア「FlatFab」が公開された。

FlatFabはカナダのトロント大学で博士課程のプロジェクトの一環として、ジェームズ・マクレー氏が開発した。一般的にCADには専門知識が必要だが、FlatFabはユーザーが使いやすいシステムでありながら、クオリティの高いオブジェクトを簡単に作ることができる。

オブジェクトはなるべく一枚の板に収まるよう計算されているため、レーザーカッターやCNCを使って簡単に切断することができる。FlatFabは細部にこだわったデザインも可能だ。

ソフトウェアはWindows、MacOS、Linux版があり、無償なので誰でも使える。出力するファイルはSVG形式でさまざまな機器で利用できる。動画によるチュートリアルも充実している。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る