新しいものづくりがわかるメディア

RSS


板を組み合わせて立体を表現するオブジェクトを作れるCADツール

カットされた平面の板を組み合わせて恐竜などの立体を表現するオブジェクトを設計することができるフリーCADソフトウェア「FlatFab」が公開された。

FlatFabはカナダのトロント大学で博士課程のプロジェクトの一環として、ジェームズ・マクレー氏が開発した。一般的にCADには専門知識が必要だが、FlatFabはユーザーが使いやすいシステムでありながら、クオリティの高いオブジェクトを簡単に作ることができる。

オブジェクトはなるべく一枚の板に収まるよう計算されているため、レーザーカッターやCNCを使って簡単に切断することができる。FlatFabは細部にこだわったデザインも可能だ。

ソフトウェアはWindows、MacOS、Linux版があり、無償なので誰でも使える。出力するファイルはSVG形式でさまざまな機器で利用できる。動画によるチュートリアルも充実している。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. まるで電話のような感覚で会話できるキッズ向けトランシーバー「SONY ICB-1500 WALKIE-TALKIE(My first SONY)」
  2. LinuxマイコンのI/Oを学ぶ——CQ出版、「ラズパイで入門!Linux I/Oプログラミング教科書」発刊
  3. 失明の危機を救う治療用コンタクトレンズを開発
  4. 技術評論社、PICマイコン使い方ガイドブック「逆引き PIC電子工作 やりたいこと事典」発刊
  5. 1.5インチOLED搭載——Raspberry Pi用オーディオDACボード「NanoSound DAC 2」
  6. 全力で肯定してくれる女の子マシーンを作って救われた
  7. エネルギー密度を倍増できるリチウムイオン充電池——固体電解質相間界面の改良に成功
  8. 爆速ボクシング! 秒速25発パンチ編
  9. ソラコム、接点入力対応のLPWAボタンデバイス「SORACOM LTE-M Button Plus」を発売
  10. アルテック、MakerBotの3Dプリンター「METHOD」の取り扱いを発表——ヒートチャンバー、デュアルパフォーマンスエクストルーダーを採用

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る