新しいものづくりがわかるメディア

RSS


板を組み合わせて立体を表現するオブジェクトを作れるCADツール

カットされた平面の板を組み合わせて恐竜などの立体を表現するオブジェクトを設計することができるフリーCADソフトウェア「FlatFab」が公開された。

FlatFabはカナダのトロント大学で博士課程のプロジェクトの一環として、ジェームズ・マクレー氏が開発した。一般的にCADには専門知識が必要だが、FlatFabはユーザーが使いやすいシステムでありながら、クオリティの高いオブジェクトを簡単に作ることができる。

オブジェクトはなるべく一枚の板に収まるよう計算されているため、レーザーカッターやCNCを使って簡単に切断することができる。FlatFabは細部にこだわったデザインも可能だ。

ソフトウェアはWindows、MacOS、Linux版があり、無償なので誰でも使える。出力するファイルはSVG形式でさまざまな機器で利用できる。動画によるチュートリアルも充実している。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 横にも動けるボルボの新型軍用輸送車両「Scarabée」
  2. 3Dプリンター活用技術検定試験を受けてみた——「ひとりで楽しむ」以上を目指すための良きガイド
  3. 子どもからmakerまでArduinoの活用法を学べる——ステップバイステップ電子ガイドブック「Arduino for Everyone」
  4. ソーテック社、プログラミング初学者向けに「Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座」を刊行
  5. 集めたデータをグラフ表示できる——IIJ、個人向けIoTデータ可視化/監視サービス「Machinist」を提供開始
  6. 電子部品をクラウド化——「オーダーメイドPoCキット」シリーズ販売開始
  7. シャーレ上でヒト毛包の生成に成功——3Dプリンターを活用した毛髪再生治療法の研究
  8. スイッチサイエンス、M5Stack製AIカメラとSipeed製AI開発ボードを発売
  9. 80年代のカセットをBluetoothで——Bluetooth 5.0対応カセットプレーヤー「IT'S OK」
  10. MIT、画像認識力を向上させる点群データの識別手法を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る