新しいものづくりがわかるメディア

RSS


板を組み合わせて立体を表現するオブジェクトを作れるCADツール

カットされた平面の板を組み合わせて恐竜などの立体を表現するオブジェクトを設計することができるフリーCADソフトウェア「FlatFab」が公開された。

FlatFabはカナダのトロント大学で博士課程のプロジェクトの一環として、ジェームズ・マクレー氏が開発した。一般的にCADには専門知識が必要だが、FlatFabはユーザーが使いやすいシステムでありながら、クオリティの高いオブジェクトを簡単に作ることができる。

オブジェクトはなるべく一枚の板に収まるよう計算されているため、レーザーカッターやCNCを使って簡単に切断することができる。FlatFabは細部にこだわったデザインも可能だ。

ソフトウェアはWindows、MacOS、Linux版があり、無償なので誰でも使える。出力するファイルはSVG形式でさまざまな機器で利用できる。動画によるチュートリアルも充実している。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  2. 1台3役の3Dプリンター「Snapmaker 2.0」の新モデルが登場——静音性と高速性を向上
  3. スキャン精度0.1mm、フレームレート10fpsに向上——ハンディー3Dスキャナー「Revopoint POP 2」
  4. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  5. 電力不要で海水を淡水化——EU主導で進行中の海水淡水化プロジェクト
  6. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. Dr.片山の100均ロボット研究室 右手っぽく握ったり開いたりするロボットハンド
  9. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料
  10. AIマシンビジョンにも3Dプリントにも使えるデスクトップ4軸ロボットアーム「HUENIT」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る