新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スマホで操縦、壁も走れるロボットキットがMakuakeで資金調達中

スマートフォンで操縦できて、垂直なホワイトボードを走り回れる、手のひらサイズのロボットキット「うぉーるぼっとBLE」が、クラウドファンディングサイトMakuakeで資金調達中だ。

うぉーるぼっとは、作者の勝純一氏がお子さんのために作ったロボットのシリーズで、ホワイトボードなど磁石がくっつく板であれば垂直でも裏返しでも走ることができる2輪のロボット。これまでいくつかのバージョンを製作してきた。

今回のうぉーるぼっとBLEは、Bluetooth LEに対応してスマートフォンからの操縦が可能になった。加速度センサ、ジャイロセンサ、回転数センサ、反射型赤外線センサなどのセンサ類も搭載しており、プログラミングして動かすこともできる。

ARMベースのマイクロコントローラを使用しており、プログラムはARMが提供する無償のWebベースの開発環境「mbed」が利用できる。

クラウドファンディングで集めた資金は、大量生産や機能拡張のためのオプションパーツ開発のために使いたいという。現在、1万5000円でうぉーるぼっとBLEのフルバージョンを1つ入手できる(Maker Faire Tokyoで手渡し)。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 充電10分で約400km走行可能なEV向けリン酸鉄リチウム電池を開発——安全でコバルトを含まず低コスト
  2. 完全オフグリッドのコンテナハウスが登場——太陽光と風力で自家発電し雨水を生活用水に利用
  3. スイッチサイエンス、ピンのステータスをLEDで表示できる「Raspberry Pi用 GPIOスクリューターミナルHAT」を発売
  4. スイッチサイエンス、「M5Stack用DDSユニット」を発売
  5. プログラム初心者が「勉強しよう!」と思ったらすぐ始められる、「micro:bit basic」
  6. スイッチサイエンス、Arm Cortex-M0+搭載のArduino互換マイコン「Seeeduino XIAO」を発売
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. DMM.make AKIBA、工房機能を8月末に終了。今後はコワーキングスペース中心の運営に
  9. ラズパイでピザ窯制御——秋葉原にIoTピザ屋台「おとめし」が登場
  10. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る