新しいものづくりがわかるメディア

RSS


2年分の通信料込みのArduino向けPHS通信ボード「PHSシールド」発売

エイビットは、ArduinoにPHS通信機能を付加する拡張ボード(シールド)として利用できる基板型PHS端末「PHSシールド」を12月に2万9800円(税別)で発売する。価格には2年分のデータ通信の料金が含まれる。

PHSシールドは、Arduinoから簡単なAPIで利用できるTCP/IPスタックやHTTPなどのアプリケーションプロトコルを内蔵しており、プロトコルスタックを持たないArduino(互換ボード含む)を、PHS回線網に接続してインターネット接続を利用することができる。

価格に2年分のデータ通信利用契約とプリペイド通信料金が含まれているため、購入後にエイビットのWebサイトでアクティベーションするだけで、すぐに通信が利用できる。通信回線契約手続きや月々の支払いが不要で、教育機関や企業の単年度予算で購入しても2年間継続して使用できる。

PHSシールドは、11月23日に東京ビッグサイトで開催される「Maker Faire Tokyo 2014」(MFT2014)に出展予定。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ロボットやドローンの近接センサーに——Arduino/Raspberry Pi対応IRセンサーキット「IR Detector」
  2. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  3. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  4. FFF方式3Dプリンターで透明パーツを造形する方法
  5. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. Raspberry Pi 3B+より高性能で低価格——Intel Atom x5搭載のワンボードマイコン「ATOMIC Pi」
  9. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  10. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る