新しいものづくりがわかるメディア

RSS


2年分の通信料込みのArduino向けPHS通信ボード「PHSシールド」発売

エイビットは、ArduinoにPHS通信機能を付加する拡張ボード(シールド)として利用できる基板型PHS端末「PHSシールド」を12月に2万9800円(税別)で発売する。価格には2年分のデータ通信の料金が含まれる。

PHSシールドは、Arduinoから簡単なAPIで利用できるTCP/IPスタックやHTTPなどのアプリケーションプロトコルを内蔵しており、プロトコルスタックを持たないArduino(互換ボード含む)を、PHS回線網に接続してインターネット接続を利用することができる。

価格に2年分のデータ通信利用契約とプリペイド通信料金が含まれているため、購入後にエイビットのWebサイトでアクティベーションするだけで、すぐに通信が利用できる。通信回線契約手続きや月々の支払いが不要で、教育機関や企業の単年度予算で購入しても2年間継続して使用できる。

PHSシールドは、11月23日に東京ビッグサイトで開催される「Maker Faire Tokyo 2014」(MFT2014)に出展予定。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  2. マイコンによる電子工作を基礎から解説——工学社、「Mbedを使った電子工作プログラミング」発刊
  3. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  4. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」
  8. 芝浦工業大学、人工筋肉を高速振動させたスピーカーを開発
  9. 入館時に体温を自動チェックできる——スペクトラム・テクノロジー、「体温検知キット」発売
  10. テレワークで大活躍! キットできっと作れるZoom専用キーボード

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る