新しいものづくりがわかるメディア

RSS


2年分の通信料込みのArduino向けPHS通信ボード「PHSシールド」発売

エイビットは、ArduinoにPHS通信機能を付加する拡張ボード(シールド)として利用できる基板型PHS端末「PHSシールド」を12月に2万9800円(税別)で発売する。価格には2年分のデータ通信の料金が含まれる。

PHSシールドは、Arduinoから簡単なAPIで利用できるTCP/IPスタックやHTTPなどのアプリケーションプロトコルを内蔵しており、プロトコルスタックを持たないArduino(互換ボード含む)を、PHS回線網に接続してインターネット接続を利用することができる。

価格に2年分のデータ通信利用契約とプリペイド通信料金が含まれているため、購入後にエイビットのWebサイトでアクティベーションするだけで、すぐに通信が利用できる。通信回線契約手続きや月々の支払いが不要で、教育機関や企業の単年度予算で購入しても2年間継続して使用できる。

PHSシールドは、11月23日に東京ビッグサイトで開催される「Maker Faire Tokyo 2014」(MFT2014)に出展予定。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  6. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  7. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  8. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」
  9. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  10. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る