新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スマートウォッチも作れる1.7インチ液晶付きArduino互換ボード

「SuperDuino」はArduinoと互換性を持ち、1.7インチのカラー液晶ディスプレイと加速度センサ、バッテリを搭載した小型ボードで、ゲームを動かしたり、開発中の拡張モジュールを付加してスマートウォッチや歩数計など、さまざまな楽しみ方ができる。

拡張モジュールとしては、スピーカー、Bluetoothモジュール、microSDシールド、Wi-Fiモジュールが開発中。Arduino互換チップとしてATMEGA 328マイクロコントローラを使用する。ディスプレイは1.7インチTFT16ビットカラー液晶で、ディスプレイ保護のためプラスチック製のカバーが付いている。

また3軸加速度センサによりタップ、や上下左右の傾きを検知することができる。プログラミングはマイクロUSBを介してPCと接続して行なう。

これらの機能をフルに生かすことで、スマートフォンと接続して通話やメール確認ができるスマートウォッチとして活用したり、ブロック崩しゲームで遊んだり、歩数計として利用したり、オシロスコープやデジタルロジックアナライザ、テスタなどさまざまな活用法があり、これらはただ楽しむだけでなく、電子工学の教育にも最適だ。

記事執筆時点で目標資金額1000ポンド(約185万円)を大きく超える2400ポンド以上の資金を集めている。29ポンド(約5400円)の出資で入手が可能(日本への送料は9ポンド)。出荷は2015年3月を予定している。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  4. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. Raspberry Piで環境センサーを使おう——ビット・トレード・ワン、センサー拡張基板「ラズパイセンサーボード」をリニューアル
  9. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート
  10. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る