新しいものづくりがわかるメディア

RSS


極小LEDを3Dプリンタで“印刷”する、有機ELよりも薄い照明「Lightpaper」

米国アイダホ州コー・ダリーンとテキサス州オースチンに拠点を持つスタートアップ企業Rohinniは、3Dプリンタを使って製造する文字通り紙のように薄く曲げられることができる、世界最薄のLED照明を開発中だ。

「Lightpaper」は、赤血球ほどの大きさのダイオードを混ぜ込んだインクを、3Dプリンタを使って導電性の薄いシートの間にプリントして製造するという。導電シートに電流を流すと極小のダイオードが一斉に発光する。薄さの点では有機EL照明をはるかにしのぐという。

Lightpaperは薄いだけでなく柔軟性もあるので、さまざまな用途が考えられる。Rohinniのサイトには、電子デバイスや自動車関連、インテリアへの応用が提案されている。現状では、発光が均一でないためダイオードを正確に配置する必要があるという課題が残るものの、まずは業務用や産業用として2015年中頃の発売を目指している。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ベンツに乗りながらゴキジェットを噴射してくれる恋人が完成しました
  2. Raspberry Piに5Vを安定供給——モニタリング機能付パワーHAT「Abbycus V Series」
  3. Raspberry PiでIoTの実証実験ができる——WDS、セルラー系LPWAを利用する「IoT-Pi for LTE-M」発売
  4. プリント後の焼結は不要——セラミック3Dプリンター「Digitalceram」
  5. 着るだけで生体情報を測定——ウェアラブルマルチ生体センサー「Astroskin」の輸入販売を開始
  6. あらゆる素材をアップグレードする技術——Nature Architectsが拡張する、3Dプリントの可能性
  7. 私がカセットテープDJになった理由(ワケ) By 大江戸テクニカ
  8. 0.1秒以内に10人の顔認証が可能——WDS、AIカメラモジュール「Eeye」発売
  9. Nordic Semiconductor、デュアルArm Cortex-M33プロセッサ搭載のIoT向け無線SoC「nRF5340」を発表
  10. MIT、ロボットが物体を素早くつかんで動かせるアルゴリズムを開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る