新しいものづくりがわかるメディア

RSS


極小LEDを3Dプリンタで“印刷”する、有機ELよりも薄い照明「Lightpaper」

米国アイダホ州コー・ダリーンとテキサス州オースチンに拠点を持つスタートアップ企業Rohinniは、3Dプリンタを使って製造する文字通り紙のように薄く曲げられることができる、世界最薄のLED照明を開発中だ。

「Lightpaper」は、赤血球ほどの大きさのダイオードを混ぜ込んだインクを、3Dプリンタを使って導電性の薄いシートの間にプリントして製造するという。導電シートに電流を流すと極小のダイオードが一斉に発光する。薄さの点では有機EL照明をはるかにしのぐという。

Lightpaperは薄いだけでなく柔軟性もあるので、さまざまな用途が考えられる。Rohinniのサイトには、電子デバイスや自動車関連、インテリアへの応用が提案されている。現状では、発光が均一でないためダイオードを正確に配置する必要があるという課題が残るものの、まずは業務用や産業用として2015年中頃の発売を目指している。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 超小型なRaspberry Pi——RP2040を搭載した「Raspberry Pi Pico」、マルツでも取り扱い開始
  2. トンボをヒントにした羽ばたき式飛行機を開発
  3. 19.8×16.6mmのArduino——Arduino互換ボード「Minima」
  4. スイッチサイエンス、デジタル出力で物体検出と未検出を伝える「Pololuデジタル距離センサ物体検出型」発売
  5. スイッチサイエンス、SAMD21を搭載した「Adafruit QT Py-SAMD21開発ボード」発売
  6. 指紋検出の仕組みを実装可能な薄型指紋センサー、スイッチサイエンスで販売
  7. 開発者向けオールインワンソリューション——ARスマートグラス「Mutrics ARiC」
  8. ステンレスにも刻印できる準産業グレードのレーザー加工機「LaserPro」
  9. 体温をバッテリーに利用する、自己修復型ウェアラブル熱電発電機を開発
  10. DVDプレーヤーの部品で作るオープンソースプロジェクト、「レーザー走査型顕微鏡」が公開

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る