新しいものづくりがわかるメディア

RSS


極小LEDを3Dプリンタで“印刷”する、有機ELよりも薄い照明「Lightpaper」

米国アイダホ州コー・ダリーンとテキサス州オースチンに拠点を持つスタートアップ企業Rohinniは、3Dプリンタを使って製造する文字通り紙のように薄く曲げられることができる、世界最薄のLED照明を開発中だ。

「Lightpaper」は、赤血球ほどの大きさのダイオードを混ぜ込んだインクを、3Dプリンタを使って導電性の薄いシートの間にプリントして製造するという。導電シートに電流を流すと極小のダイオードが一斉に発光する。薄さの点では有機EL照明をはるかにしのぐという。

Lightpaperは薄いだけでなく柔軟性もあるので、さまざまな用途が考えられる。Rohinniのサイトには、電子デバイスや自動車関連、インテリアへの応用が提案されている。現状では、発光が均一でないためダイオードを正確に配置する必要があるという課題が残るものの、まずは業務用や産業用として2015年中頃の発売を目指している。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 世界最大の航空機「Stratolaunch」が初飛行に成功
  2. 3サイズで各種素材に対応——レーザー刻印機やCNC彫刻機にもなる3Dプリンター「Snapmaker 2.0」
  3. Raspberry PiでAlexaのスキルを開発——スペクトラム・テクノロジー「はじめてのAlexa開発キット」発売
  4. オライリー・ジャパン、Pythonプログラミングの入門書「Head Firstはじめてのプログラミング」発刊
  5. Nゲージで磁気浮上式走行を——「Nゲージリニア発進プロジェクト」
  6. Azure IoT Plug and Playに対応——STマイクロ、IoTセンサーモジュール「SensorTile.box」を発表
  7. エアフィルターとカメラ、照明が追加できる——3Dプリンター「Creality CR-10/10S」用ケース「PrintBox」
  8. 高速、静音のFFF方式デスクトップ3Dプリンター「A1」
  9. あらゆる機器をIoT化——JIG-SAW、IoT組み込みエンジン「neqtoエンジン」の提供開始
  10. 音波の一方通行を実現する新技術

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る