新しいものづくりがわかるメディア

RSS


あのテオ・ヤンセン氏の風で動くストランドビーストがShapewaysで購入できる

日本では「大人の科学」の付録でも知られる、オランダのアーティスト、テオ・ヤンセン氏が生み出した、風の力で砂浜を移動するアート「ストランドビースト」が、米3DプリンティングサービスShapewaysに専用コーナーとして登場した。

Shapewaysサイトに先ごろ登場した「Theo Jansen -3D Printed STRANDBEEST」ショップでは現在、「Animaris Geneticus」と名付けられたストランドビーストのモデルが大中小3つのサイズといくつかのバリエーションで販売されている。価格は55.93ドル(約6600円)~327.15ドル(約3万8000円)。送料は別途必要となる。これらのストランドビーストは3Dプリンタで造型されたままの状態で動き、組み立ては必要ない(一部の追加パーツを除く)という。

今後、さらに新しい種類のストランドビーストも登場の予定としている。

Shapewaysはクリエイターが3Dモデルデータをアップロードし、ユーザーがそのデータを見て購入すると、Shapewaysが3Dプリントしてユーザーに発送し、クリエイターには手数料を除いたお金が支払われる仕組みの3Dプリンティングサービス。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Windowsマシンに挿して使えるUSB型ラズパイ——プログラミングシステム「触(さわり)」発売へ
  2. 活版印刷でオリジナル名刺を——「ポータブル活版印刷機:一枚の名刺」がMakuakeに登場
  3. Raspberry Piを堅牢化したIoTゲートウェイ「BH3」の新モデルを発売
  4. ニンジャボット、入門用超小型3Dプリンター「ニンジャボット・コペン」発売
  5. ネックを折り曲げて持ち運びできる——折り畳み式ウクレレ「Astro」
  6. 最大造形サイズ300×300×400mmで6万円から——ボンサイラボ、大型FFF方式3Dプリンター「CR-10Sシリーズ」発売
  7. Raspberry Piでアナログ8ch入力できる——Raspberry Pi用アナログ入力ボード「RPi-GP40シリーズ」
  8. 焼鳥を串からスムーズに外せるけれど職人の苦悩が表示されるマシーン
  9. 「C言語によるPICプログラミング大全」との連動企画——ビット・トレード・ワン、PCB基板2種を発売へ
  10. 小さな活版印刷機の版を自作するためのテンプレートを作ったので使ってほしい

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る