新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリンタ製実物大「シェルビーコブラ」、北米モーターショーで公開

「シェルビーコブラ」といえば1960年代のスポーツカーレースを制覇した往年のスポーツカーだ。誕生して50周年を迎えた同車は、このほど3Dプリンタにより電気自動車として復刻され、デトロイトで開催中の2015年北米国際自動車ショーに展示された。

シェルビーコブラのEVレプリカを製作したのは米国のオークリッジ国立研究所(ORNL)。ORNLが米Cincinnatiと共同で開発した大型高速3Dプリンタ「BAAM(Big Area Additive Manufacturing)」 により、今回の試みが実現した。

BAAMはFFF(熱溶融積層)方式の巨大な3Dプリンタで、1×1×1mを超える大きさの造形も可能。実物大のレプリカ総重量の1400ポンド(約635kg)のうちBAAMで出力した割合は、500ポンド(約226kg)分相当で、その出力に要した時間はわずか24時間だったというから驚きだ。プロジェクト全体では6人のエンジニアが携わり、設計から完成まで6週間をかけた。

メイキングビデオによると、BAAMで造型されたままのパーツの表面はかなり粗いが、手作業による研磨と塗装で美しく仕上がっている。また、炭素繊維を20%配合したABS樹脂を使用したため、1960年代に生産されたオリジナル車の半分の重量ながら、強度は大幅にアップしたという。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. CPU製造中止、工場「できません」スタートアップはモノとの戦い
  2. 3Dキャラクター召喚装置「Gatebox」が正式発売——新たに「キャラクタープラットフォーム構想」を発表
  3. スティックだけでプレイできるエアドラム——ポータブル電子ドラム「PocketDrum」
  4. MIT、エレクトロニクスを埋め込める3Dプリンター用フィラメントを開発
  5. オープンソースマイコン「RISC-V」を特集——CQ出版、「Interface 2019年12月号」を発刊へ
  6. 「作りたいもの」でプログラミングの基本がわかる——技術評論社、「改訂版 ゴールからはじめるC#」発刊へ
  7. 段ボールで作るドラムマシン——MIDIコントローラーキット「Beatbox」
  8. fabスペースhana_re(長野県岡谷市)
  9. てんとう虫をモテーフにした今も色あせないミュージックガジェット「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER SE-8」
  10. ガンダムの世界観でSTEM学習——ロボティクスやプログラミングを学べる学習教材「ZEONIC TECHNICS」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る