新しいものづくりがわかるメディア

RSS


2Dデータどおりにスチレンボードを切り抜くことができる新ツール

これからファブリケーションを始めようとする初心者のために、1歩目のハードルを下げるマシンがIndiegogoに登場した。「MiniCut2D」は熱したニクロム線で発泡スチロールやスチレンボードをデータ通りにカットできるスチロールカッターだ。

MiniCut2Dは重量3.7kg、外形サイズ450×300×420mmと少し大きめだが、折りたたむことができるので持ち運びも容易だ。カットできる領域は幅300mm、高さ264mm、厚さは156mmまで。厚みのあるオブジェクトのカットができるため、スチレンボードを何枚も重ねて1度にカットすることもできる。カットは毎秒4mm。

自分で2Dデータを用意できない人のためにライブラリも充実している上に、紙に書いた図形の写真を撮って取り込めばその図形のカットできる。またJPGやBMPファイルがあればそのアウトラインを認識してカット可能だ。ビジュアルプログラミング言語のScratchを使って図形を描いてカットさせることもできる。

制御ソフトウェアはオープンソースとなっているため、MiniCut2Dを持っていなくてもソフトをダウンロードしてテストできる。対応OSはWindows XP以降(32/64bit)で動作する。

既にIndiegogo早期購入特典価格のセットは完売となっており、479ユーロ(約6万4000円)の出資で1台入手できる。日本への送料は11ユーロ(約1450円)が必要。発送は2015年5月を予定している。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 全てのヘッドホンをスマートヘッドホンに変換する技術を開発
  2. 800種類の電子パーツを紹介——日経BP「ラズパイ工作 パーツ大全 2021-2022」発刊
  3. CAMPFIREに登場、国産3Dプリンター「Leee」の造形物の長さは「理論上は無限」
  4. 太陽エネルギーを長期間貯蔵できる液体「太陽熱燃料」開発プロジェクト
  5. フィギュアの肌を美しく——Bfull、3Dプリントによる美肌表現技術を開発
  6. 会社を辞めて、カセットテープDJ装置を製品化することにしました
  7. ちっちゃい! 切手サイズの「Tiny2040 RP2040 開発ボード」、ケイエスワイが販売
  8. 64ビットRISC-Vチップを搭載したLinuxボード「Nezha」
  9. MIT、古文書を未開封のまま解読する手法を開発——300年前のセキュリティを解析
  10. 街中での使用に特化した小型の風力タービン——日照日数が少ない地域ではソーラーパネルより安価でより多く発電可能

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る