新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリントパーツでできた、2 形態に変形するロボットおもちゃ「STINGRAY」

3Dプリンタで出力した部品を組み立てると、部品の差し替えなしに2つの形態に変形できるハイクオリティな仕上がりのロボットおもちゃ「STINGRAY」が、DMM.makeshapewaysで販売されている。価格は1万7800円。

STINGRAYはプラモデルのような形で用意された部品を切り離し、あらかじめ開けてあるネジ穴を合わせてネジ止めしていくだけで組み立てられるキットだ。日本人クリエイターの山路智生氏の作品で、3Dプリント技術の特性を生かして部品数を少なくし、組み立て工程を減らしつつ、変形させる際に必要な部品の強度を確保しているという。プリンティング素材はナイロン(白)、出来上がりサイズは110×156×61.3mm。

日本向けにはDMM.make、米国向けにはshapewaysを通じて販売している。現在販売されている山路氏の作品はSTINGRAYのみだが、他の作品はWebサイトで見ることができる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 横にも動けるボルボの新型軍用輸送車両「Scarabée」
  2. 3Dプリンター活用技術検定試験を受けてみた——「ひとりで楽しむ」以上を目指すための良きガイド
  3. ソーテック社、プログラミング初学者向けに「Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座」を刊行
  4. 80年代のカセットをBluetoothで——Bluetooth 5.0対応カセットプレーヤー「IT'S OK」
  5. 集めたデータをグラフ表示できる——IIJ、個人向けIoTデータ可視化/監視サービス「Machinist」を提供開始
  6. 電子部品をクラウド化——「オーダーメイドPoCキット」シリーズ販売開始
  7. すぐに使えるRaspberry Piセット——アフターソフト、学習用コンピューターセット「ベリーボックス」発売
  8. 歴代のウォークマンが一堂に、これまでのイノベーションとあなたの思い出を振り返る——「#009 WALKMAN IN THE PARK」(銀座)
  9. 子どもからmakerまでArduinoの活用法を学べる——ステップバイステップ電子ガイドブック「Arduino for Everyone」
  10. シャーレ上でヒト毛包の生成に成功——3Dプリンターを活用した毛髪再生治療法の研究

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る