新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリントパーツでできた、2 形態に変形するロボットおもちゃ「STINGRAY」

3Dプリンタで出力した部品を組み立てると、部品の差し替えなしに2つの形態に変形できるハイクオリティな仕上がりのロボットおもちゃ「STINGRAY」が、DMM.makeshapewaysで販売されている。価格は1万7800円。

STINGRAYはプラモデルのような形で用意された部品を切り離し、あらかじめ開けてあるネジ穴を合わせてネジ止めしていくだけで組み立てられるキットだ。日本人クリエイターの山路智生氏の作品で、3Dプリント技術の特性を生かして部品数を少なくし、組み立て工程を減らしつつ、変形させる際に必要な部品の強度を確保しているという。プリンティング素材はナイロン(白)、出来上がりサイズは110×156×61.3mm。

日本向けにはDMM.make、米国向けにはshapewaysを通じて販売している。現在販売されている山路氏の作品はSTINGRAYのみだが、他の作品はWebサイトで見ることができる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 失われたニキシー管の製造技術を取り戻し、後世に残したい——「国産ニキシー管復活プロジェクト」
  2. CPUクーラーが内蔵できるPi4用ケース——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4用メタルケース」発売
  3. スイッチサイエンス、「Raspberry Pi/Jetson Nano/NX用モノクロデュアルカメラアレイボード」発売
  4. 19.8×16.6mmのArduino——Arduino互換ボード「Minima」
  5. Raspberry Piで多彩な発光を制御——3面に8×8LEDマトリクスを搭載したキューブキット「LumiCube」
  6. 開発者向けオールインワンソリューション——ARスマートグラス「Mutrics ARiC」
  7. 指でマウスをクリックするよりも、80ミリ秒速く反応してゲームをプレイできるニューロコントローラー
  8. 指紋検出の仕組みを実装可能な薄型指紋センサー、スイッチサイエンスで販売
  9. 絶望と芸術のあいだ、3Dプリンターから爆誕した“もじゃもじゃ”写真を募集中
  10. 超小型なRaspberry Pi——RP2040を搭載した「Raspberry Pi Pico」、マルツでも取り扱い開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る