新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリントパーツでできた、2 形態に変形するロボットおもちゃ「STINGRAY」

3Dプリンタで出力した部品を組み立てると、部品の差し替えなしに2つの形態に変形できるハイクオリティな仕上がりのロボットおもちゃ「STINGRAY」が、DMM.makeshapewaysで販売されている。価格は1万7800円。

STINGRAYはプラモデルのような形で用意された部品を切り離し、あらかじめ開けてあるネジ穴を合わせてネジ止めしていくだけで組み立てられるキットだ。日本人クリエイターの山路智生氏の作品で、3Dプリント技術の特性を生かして部品数を少なくし、組み立て工程を減らしつつ、変形させる際に必要な部品の強度を確保しているという。プリンティング素材はナイロン(白)、出来上がりサイズは110×156×61.3mm。

日本向けにはDMM.make、米国向けにはshapewaysを通じて販売している。現在販売されている山路氏の作品はSTINGRAYのみだが、他の作品はWebサイトで見ることができる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Nゲージで磁気浮上式走行を——「Nゲージリニア発進プロジェクト」
  2. 高速、静音のFFF方式デスクトップ3Dプリンター「A1」
  3. クオリティソフト、中高生向けプログラミング教材「ドローンプログラミング言語学習キット」発売
  4. スピニングホイールで回すスクリュードライバーセット「Spinner Drive」
  5. 3カ所結線するだけ——マイコン用音声出力ボード「TextToSpeech」
  6. Raspberry Pi用アプリケーション開発の実践的テクニックを解説——「.NET CoreによるRaspberry Piプログラミング」発刊
  7. オライリー・ジャパン、Pythonプログラミングの入門書「Head Firstはじめてのプログラミング」発刊
  8. Azure IoT Plug and Playに対応——STマイクロ、IoTセンサーモジュール「SensorTile.box」を発表
  9. エアフィルターとカメラ、照明が追加できる——3Dプリンター「Creality CR-10/10S」用ケース「PrintBox」
  10. Raspberry PiでAlexaのスキルを開発——スペクトラム・テクノロジー「はじめてのAlexa開発キット」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る