新しいものづくりがわかるメディア

RSS


FFF方式3Dプリンタでプリントしたデジカメ向けトイカメラレンズ「FAB-LENS」

FFF(熱溶融積層)方式3Dプリンタで出力した部品を組み立てた、レンズ交換式デジタルカメラ用のトイカメラレンズ「FAB-LENS(ファブレンズ)」を、学生ベンチャーのYOKOITOが発表した。

トイカメラとは、プラスチックで作られた低価格の玩具/ホビーカメラ。FAB-LENSを使うと、そうしたトイカメラで撮影したような画像を、レンズ交換式デジタルカメラ用レンズで撮影することができる。

FAB-LENSは、マウントや絞り、鏡胴、フードなど、レンズを除く主要部品をFFF方式3Dプリンタで出力した製品で、各モジュールのデータはオープンソースとしてThingiverseに公開している。それぞれの部品は組み換えることができ、例えば絞りは好みによってハート型や星形に交換することで、画像のボケの形を変えられる。5月16、17日に開催されたデザインフェスタで展示、販売したほか、FAB-LENS公式サイトで販売している。価格は8000円(税別)。YOKOITOが運営する京都のファブ施設「fagora」や、万国学生芸術展覧祭(8月8日、9日開催。東京ビッグサイト)で販売予定。

また、現在の製品では光学レンズは市販のレンズを使っているが、今後はFAB-LENSを共同開発しているプロダクトデザイナー鈴木雄貴氏のCNC削り出しのアクリルレンズ製品版を使用する予定としている。

YOKOITOは、慶應義塾大学湘南藤沢環境情報学部の大谷太郎氏と、立命館大学政策科学部の高松一理氏、横浜国立大学経営学部の中島佑太郎氏の3人によるベンチャー企業。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Windowsマシンに挿して使えるUSB型ラズパイ——プログラミングシステム「触(さわり)」発売へ
  2. 活版印刷でオリジナル名刺を——「ポータブル活版印刷機:一枚の名刺」がMakuakeに登場
  3. Raspberry Piを堅牢化したIoTゲートウェイ「BH3」の新モデルを発売
  4. ニンジャボット、入門用超小型3Dプリンター「ニンジャボット・コペン」発売
  5. ネックを折り曲げて持ち運びできる——折り畳み式ウクレレ「Astro」
  6. 最大造形サイズ300×300×400mmで6万円から——ボンサイラボ、大型FFF方式3Dプリンター「CR-10Sシリーズ」発売
  7. Raspberry Piでアナログ8ch入力できる——Raspberry Pi用アナログ入力ボード「RPi-GP40シリーズ」
  8. 焼鳥を串からスムーズに外せるけれど職人の苦悩が表示されるマシーン
  9. 「C言語によるPICプログラミング大全」との連動企画——ビット・トレード・ワン、PCB基板2種を発売へ
  10. 小さな活版印刷機の版を自作するためのテンプレートを作ったので使ってほしい

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る